俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ゆつくりとレースカーテン風が押す

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

窓を開けているとそよ風がカーテンを揺らす

最新の添削

「ゆつくりとレースカーテン風が押す」の批評

回答者 慈雨

竜子さま、こんにちは。
御句への批評ではなく一般論として、「レース」って難易度の高い季語だなぁと感じました。
素材なので、必然的に何か他の物体を修飾する存在として登場させることになり、説明的な句になりやすいなぁと。
たとえば「レースカーテン」を「カーテン」に置き換えても意味が変わらないような句だと、「俳句は季語を入れないといけないので仕方なく入れた」なんてことになってしまいそうで。

御句、余計な情報もなく、穏やかな雰囲気が伝わってきて佳いなと思いました。
「風が押す」の措辞に関してはなおじい様のコメントに納得です。
感想だけですみませんー。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ゆつくりとレースカーテン風が押す」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。「レース」が季語の涼しげな句ですね。レースはそれだけでは何のことか分かりにくいですし、人によっては競争の意味に取るかもしれません。特に男性は(笑)。
御句、レースカーテンはいいのですが、下五の「風が押す」が直接的かなと思いました。確かに風で動くのですが、風以外にカーテンを動かすものはそう多くはないと思いますので、他の要素を合わせてみたら…
と思いまして、

・ゆったりとレースカーテン時流れ

こんなの考えました。

我が家では、レースののれんが風に揺れています。

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「ゆつくりとレースカーテン風が押す」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様おはようございます。
拙句『いかづちの』にコメント下さりありがとうございました。
またご提案句もありがとうございます。
御句、下五文語で詠んでみました。

微かにもレースカーテン風押せり

よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「ゆつくりとレースカーテン風が押す」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

こんにちは

御句拝読しました
素朴ながらしっかりとありのまま実直に詠まれている句だと感じました
竜子さんの句の良いところが表れているように思います
このままいただきます

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「ゆつくりとレースカーテン風が押す」の批評

回答者 笙染

句の評価:
★★★★★

竜子様:
何時も有難うございます。
’’墓掃除・・’’のコメント有難うございます。
1・’墓掃除’は何時でも行けるので季語でないと思っていましたが
<八千の季語、俳句歳時記〉で調べましたら’’秋’’とありました。
2.スキー場に住んでいる時、庭いじりで6月半ば頃頻繁に’’ホーホケキョ’’っと
聞こえていましたので<ホーホケキョ>が季語(夏)っと思っていました。結局、私の句はバラバラですね。
プレバトだったら
a. 最下位、才能なしの5点、添削したら原句なし、’姿見えねど’’な~んてかっこいい事いってられませんよ。’’ホーホケキョ’’なんて鳴いていられませんよ。もっと勉強してください!っと夏井先生に言われますね。

今の時期でしたら’’老鶯’’と言う素晴らしい季語がありますね。
皆様の貴重なアドヴァイス勉強に成りました。有難うございます。
宜しくお願い致します。

笙染

点数: 1

添削のお礼として、笙染さんの俳句の感想を書いてください >>

「ゆつくりとレースカーテン風が押す」の批評

回答者 笙染

句の評価:
★★★★★

竜子様:

何時も有難うございます。
御句、何回も拝読いたしました。読めば読むほど佳さが伝わってきます。
上5の’’ゆっくりと’’ と ’’風’’のコンビネーションが素敵です。
批判できる力はありませんが、投句の欄をみるたびに目にはいるのです。
生意気ですみません。よろしくお願い致します。
笙染

点数: 1

添削のお礼として、笙染さんの俳句の感想を書いてください >>

「ゆつくりとレースカーテン風が押す」の批評

回答者 松健四歩

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
御句、涼しげないい句と思いました。
私は本句の季語は、
「レースカーテン」として読みました。
そもそも「レース」だけで季語となるのですか?
まだ、勉強中の身ですので感心があります。
私の歳時記には、季語「夏手袋」の子季語として
「レース手袋」が出ているだけでしたので、調べましたら
「レース編む」の句が沢山ありました。他にはレース着る、
レースの卓布とかの句がありました。
いづれにしても「レース」だけでは季語ではない気がします。
私なんかは、レースと言えば
自動車レースを連想します。
またお教え下さい。
よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、松健四歩さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

地球儀に怪しき影や猫の恋

作者名 こま爺 回答数 : 6

投稿日時:

ひまわりの不思議の化学幼き頃

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

六月の雨辛いのに避けもせず

作者名 優子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ゆつくりとレースカーテン風が押す』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ