俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

詰襟の丈ながき服新入生

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供が中学生になった時のこと

最新の添削

「詰襟の丈ながき服新入生」の批評

回答者 慈雨

竜子さま、こんにちは。
拙句「ぶらんこや~」へのコメントをありがとうございました。
ご提案句、さらに壮大で佳いですね!感謝です。

御句、中学入学で初めて着る制服ですかね。初々しい雰囲気が伝わってきますね!
自分の子どもを見ているのか、それとも街を歩いている学生を見ているのか。どちらとも取れそうで、鑑賞の幅もあって佳いと思いました。

上五中七までで新入生と連想できるので、下五の季語「新入生」にちょっと意外性というかインパクトが乏しいような印象を受けました。上五に持ってきたらどうでしょうか?
・新入生詰襟の丈ながきかな
・新入生詰襟ながき晴れの朝
皆さんのように上手に提案句が作れませんが、、ご笑覧ください。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「詰襟の丈ながき服新入生」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

竜子様。
入学式の時期ですね。
サイズのあわない制服
景がよく見えます。
ピカピカの一年生。中学生ですね。

詰襟のホックを留めて新入生

新入生なら、服は、ぶかぶかは、わかるので、ホックに、焦点あてました。
いつしか、ホックをとめなくなるんです。
🙇

点数: 2

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「詰襟の丈ながき服新入生」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様おはようございます。
拙句『春の空』にコメント下さりありがとうございます。
コメントの要素は多すぎて、すべて入らないので最初の『どこから来た』を採用しました。
また、苧麻様が的確なコメントを残しておられます。
ご参照いただけると幸いです。
御句、詰襟と上五で表現されていますので『服』はいらないのではと思いました。中七は丈の長さを詠むとよろしいかと思います。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

丑過ぎの独居の半額鰻かな

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 6

投稿日時:

足長き女すたすた登山道

作者名 負乗 回答数 : 6

投稿日時:

客船は光る監獄冬の海

作者名 かこ 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『詰襟の丈ながき服新入生』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ