俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夜の更けてなほも嗜む花見酒

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

久々にお題で詠みました。

最新の添削

「夜の更けてなほも嗜む花見酒」の批評

回答者 負乗

あらちゃん様、こんばんは🙂
お世話になります。

「夜の更けて」の桜、闇と桜花のコントラストが、何か良いですね😉
「なほも嗜む」も好きですね。
ただ、「花見酒」が…(季語ですが)、紋切り型という気がしました。昼間の季語?だという感じがして…

かってに、"夜更け酒"とさせてもらって…

「夜更け酒なほしづしづと闇の花」
「夜更け酒なほしんしんと桜花かな」
とか…
"山本山"ですが…

宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夜の更けてなほも嗜む花見酒」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の春霞のコメントありがとうございます。
確かにかすみでは富士山見えませんね。
推敲してみます。
御句
花見酒は終わらない
提案句です。
更けゆく夜終わりの見えぬ花見酒
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「夜の更けてなほも嗜む花見酒」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 こんにちは
お世話になります。
拙句の花見のコメントありがとうございます。
ご提案ありがとうございます。
勉強になります。
ありがとうございました。
これからもご指導よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「夜の更けてなほも嗜む花見酒」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

基本的に時間の経緯を詠むと説明的になりやすいと思います。世の更けては夜更け、
その瞬間を詠むとすると、それまでに加えてのニュアンスが強い助詞の「も」は使わない方が良いと思います。
”嗜みの夜更のたけなわ花見酒

いかがでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

君想う群青の風永劫に

作者名 ken 回答数 : 3

投稿日時:

睡蓮や小枝にとまる二羽の鳥

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

画眉鳥のひとり舞台や初夏の庭

作者名 たんせき 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夜の更けてなほも嗜む花見酒』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ