俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水澄むや底には獣らしき骨

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句修行中につきご無沙汰です🙇
清らかな水の生と死を取り合わせました。
水澄む、あと一句が出てこない(泣)
よろしくお願いします。

最新の添削

「水澄むや底には獣らしき骨」の批評

回答者 やまの はるか

こんばんわ お世話になります。宇宙はもちろん
海や川の底は なにがあるやら 怖いもの見たさのドキドキ感がありますね 続きが楽しみです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「水澄むや底には獣らしき骨」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

水が澄んだので底が見えた、○○があった、というのは因果もありますし、類想でおそらく多数出てくると思うので(俳句生活は俳ポほど類想紹介をしてもらえませんが)ハードルは高かろうと思います。

「底には」を削れば因果は薄まります。
その音数分、見えているものを描写して詩を出すことができれば・・?

・水澄みて獣の骨の真珠めく

点数: 4

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「水澄むや底には獣らしき骨」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。水が澄んだから底が見えるという因果はついてまわります。
一方で、底、をなしにして、水澄むと獣の骨だけを取り合わせるには少し遠い気がするし、チャレンジング。
それを真珠めくで、澄んだ水の中の骨を喩えて描写を補強するイサクさんの提案はさすがなのです。

点数: 3

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「水澄むや底には獣らしき骨」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

秋になって水が澄んできたという感覚がないものですからどうしても苦労してます。

夏のほうが気持ちいいし、冬のほうが澄んでる感じするしで。

ということでなにもいえすw
まあ頑張りましょう。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

海の日の蟹工船やインド洋

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

WeHaveAGiftForYou春隣

作者名 根津C太 回答数 : 3

投稿日時:

花を恋ひネアンデルタアル人死す

作者名 負乗 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水澄むや底には獣らしき骨』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ