俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花辛夷白いハンカチまるめをり

作者 めい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

そんな感じがする花

最新の添削

「花辛夷白いハンカチまるめをり」の批評

回答者 ケント

めいさん再訪です。
まずは返信ありがとうございました。
本来、俳句は楽しむために詠むもの。
だから、めいさんそんなに辛くなるほど思い詰めないで下さい。

(誤解する人がいると困りますが)
たかが季重なりです。
なんでもかんでも季重なりが悪い訳ではないと私も思います。
私はめいさんからみれば大ベテランではありませんし、初心者の部類です。そして今まさに勉強中の身です。
その勉強中だからこそ、極力俳句の約束事に則って詠もうとしているだけなんです。
「ハンカチまるめをり」でめいさんが表現したかったのは
「辛夷の花は、まるで白いハンカチをまるめたようだ」だと分かります。
私もそう思います。
ですから、めいさんが納得しているのであれば、そのままでいいと私は思います。
誰人も、その句はダメですと言う権利はありません。
でもそこで、もう一歩「なんだぁ、ハンカチは季語になってるのかぁ。ではもっと別の表現が出来るか考えて見るかぁ」くらいの捉え方をすれば、そんなに悩まなくて済むと思います。
めいさんなら、いくらでもちょっと考えれば出て来るのではと思います。
なんかまとまりの無いコメントになったようで、すみません。
いづれにしても「たかが季重なり」です。深刻になる必要はありませんよ。
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花辛夷白いハンカチまるめをり」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

めいさん、こんにちは🙂
お世話になります。
コメントありがとうございます。

「苜蓿」"うまごやし" …クローバーのことですね😉 勉強になりました✨
小生、なまけもので、写生をしないので、つい観念的な句に走ってしまいます…😅

御句、「花辛夷」と来ると、読み手は清らかな白い花をすぐ思い浮かべます。
連想は良いのですが、二つのイメージのぶつかり合い、というものが無くなるのでは…
「白い」が、どうですかね…

「花辛夷彼のハンカチまるめをり」
とか…(笑)

「花辛夷彼のハンカチまるめけり」

なんだか、意味が良く分かりませんが…😅

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「花辛夷白いハンカチまるめをり」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

めいさんこんばんは。
辛夷の白い花、私も好きな花のひとつです。
季語の説明っぽくもありますが
それは置いといて、
少し変えてみました。

花辛夷白いスカーフ風に揺れ

白いスカーフにしてみました。
ハンカチは夏の季語にもなりますので。
スカーフなら季語では無いと思います。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「花辛夷白いハンカチまるめをり」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

めい様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の花の宴のコメントありがとうございます。
三段切れが気になって辞書を引いてみました。
塗るは古文ラの四段活用でした。ら、り、る、る、れ、れ
るは終止形と連体形でした。
御句
ハンカチは確かに夏の季語でした。
提案です。
黒髪を白き紐結ひ花辛夷
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春駒や潮干の山に兄はゆく

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

春暁や老いの集ふは太極拳

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

紫陽花の母国語知らぬ人多し

作者名 てんこ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花辛夷白いハンカチまるめをり』 作者: めい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ