俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

やめようか春に始めた俳句かな

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春に始めた俳句ですが教えを受けて少しでも上達し楽しんでいけたらなと思っていましたが添削があまりにも上から目線の押さえつけるようなご立派なご意見ばかりで少し滅入ってしまいました。
学の無い自分が悪いのだと思いますが貴様のような馬鹿は俳句を詠む資格がないと言われているようで恐ろしくなりました。

最新の添削

「やめようか春に始めた俳句かな」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

ここ「添削道場」という名に従い、基本は「よりよい俳句にしたい」「私の腕で、よりよくできるだろうか?」という気持ちをもってコメントを残しています。

山崎様がそのような添削を希望していないとすれば、例えば「褒めてください」にチェックを入れていただければ、私の場合、悪いと思った点を指摘しないかもしれません。それでよければ・・・

ここと同じ「日本俳句研究会」のサイトに「IT俳句会」というページもあります。投句だけならばそちらを利用するのも良いのかと思います。

言えるのは、ご自身のペースで、ご自身の判断で継続しないと意味がないということです。
もし俳句をお続けになり、こちらに投句されるのであれば、何かご協力できることがあるのかもしれません。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「やめようか春に始めた俳句かな」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

山崎さん、こんにちは。

俳句は素晴らしい趣味だと思います。僕も一俳人として、お仲間が増える事は大変嬉しく思います。
しかし同じ趣味を持つにしても、「もっと上手に俳句を詠めるようになりたい」と研鑽する人もいれば、「別に上達はしないでいいから、気の合う仲間と褒め合いながらゆるく詠んでいたい」という人もいるでしょう。
山崎さんがどのような思いで取り組むかは自由ですし、それを邪魔しようという思いは少しもありません。
中には「向上心のない奴はダメだ」という過激思想もいるかもしれませんが、僕個人としては、その人の俳句に取り組むスタンスは尊重されるべきと考えます。学が有るか無いかなんて、非常に些細な問題です。

とはいえ添削という性質上、上から目線に感じてしまうという気持ちも分からなくはありません。
一つ言える事は、今の添削道場に「上から目線の押さえつけようとする意見を書く人」は、僕が知る限りではいません。
いるとすれば「お褒め以外の意見を全て上から目線と受け取る人」ではないかなと。

俳句は素晴らしい趣味と思います。
山崎さんが楽しい俳句ライフを送れるよう、願っております。

点数: 3

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鶏血に印刀立てて夏の夜

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

卒業式好きの一言言えないの

作者名 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

前撮りの笑みのこぼれし春着の子

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『やめようか春に始めた俳句かな』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ