俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

片恋や青の囀り吾を煽り

作者 慈雨  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鳥の囀りを求愛の声だと思って聞くと、こんなに堂々と愛を叫んですごいなぁと思います。「お前もしっかりしろよ」と煽られているような感覚を詠みました。
囀りに色をつけてみたくて考え、やはり青かなと。
「あお」「り」の韻を意識しましたが、うーん、ごちゃごちゃした句ですね。。

最新の添削

「片恋や青の囀り吾を煽り」の批評

回答者 なおじい

慈雨さん、こんにちは。
御句拝読しました。おっしゃることはわかりますが、正直に申し上げて、ちょっと凝りすぎではありませんか(笑)?

「かたこいやあおのさえずりあをあおり」上五はいいとして、中七からちょっと、訳わからなくなります。これはご自身でもごちゃごちゃしてしまったかな?とお思いですねー。

「囀りに色を付けてみたくなった」、これは面白いチャレンジだと思います。ただ、「囀り」だけで、読み手の頭の中にさまざまな声すなわち色彩が浮かび上がるのだと思いますよ。季語とはそういうものかと。

それと、韻のことですが、踏みすぎるとわかりにくくなってしまうかもです。さりげなく踏んでいればいいですが・・・。

そんなわけで、竜子さんのコメントと提案句は秀逸ですね。一票ポチッとしましたが、こうしてしゃしゃり出て来てしまいました。
しかし慈雨さん、感性素晴らしい。よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「片恋や青の囀り吾を煽り」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

慈雨様こんにちは。

拙句『卒業の』にコメント下さりありがとうございます。
『卒業の学舎』ですので、以前に卒業した学校という意味です。
『更地となりにけり』は現在その状況を見たということです。
『卒業』がありますので見たのは仲春ですね。
つまり、仲春に以前卒業した母校を懐かしんで行ってみると、すでに更地になってしまっていた、ということを詠んだものです。

御句拝読しました。
きっと詠まれたかったのは以下の句かと思われます。

囀りや吾の片恋をなほ煽り

青は省略いたしました。
よろしくお願いいたします。

点数: 3

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「片恋や青の囀り吾を煽り」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

慈雨様 こんにちは
お世話になります。
御句
煽るは少しいいすぎかなと思いました。
囀りに吾の片思い励まされ
下手ですが、どうでしょうか?
よろしくお願いいたします。

点数: 3

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「片恋や青の囀り吾を煽り」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

慈雨様。アオハルですね。
囀りを見て、君も頑張ってとはっぱかけられたように感じた。
そんな景が見えます。
▪片恋や青の囀りエールかな
また、宜しくお願いいたします。
韻を無視してしまって、すみません🙇

点数: 2

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「片恋や青の囀り吾を煽り」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

片恋やで切ると主題が片恋となり、季語の囀りが響かないですね。語順を変え、二つの文脈に分け整理しましょうか。
”片恋の我あおる青い囀り

よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「片恋や青の囀り吾を煽り」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

慈雨さん、こんにちは。

青の囀りが分かりませんねぇ。なんで青なんだろう?。
わかった!翡翠が囀っているんだ。翡翠と書いてしまうと夏の季語だから
季重なりを避けて青。
いや違う、きっと色々な色を思い浮かべて、なぞかけ遊びの句を詠まれたものと
解釈致しました(失礼いたしました。m(__)m)。

・囀やあの子の声を想いいづ
田畑に囲まれた母校で過ごした学生時代。
囀を聴いただけで田舎を想い出し、更には長狭高校の同級生のことが
ふと浮かんできちゃいました。
御句とはまったく関係のない句になってしまいましたね。
そう、私は安房高ではありませんでした。そんだけです(笑)。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「片恋や青の囀り吾を煽り」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

ごめんなさい。慈雨さま。
切れがふたつになっていました。
▪片恋の青の囀りエールかな
とさせていただきます。
お詫びいたします🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「片恋や青の囀り吾を煽り」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

慈雨さんこんにちは。
この句は、お気持ちは分かりますがその気持ちが出過ぎだと思います。
もう少しサラッと詠んだ方がいいと思います。

囀りや青々と樹の満ちてをり

よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

咳ひとつ母の背擦る月明り

作者名 もんこ 回答数 : 2

投稿日時:

後悔よ理由に成れと悲しけれ

作者名 たちの助 回答数 : 2

投稿日時:

要望:褒めてください

夢の告げ昔を今に業平忌

作者名 西風子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『片恋や青の囀り吾を煽り』 作者: 慈雨
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ