俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

いつからか使わぬシャベル春の土

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今朝畑に一本のシャベルが刺さっていた。

最新の添削

「いつからか使わぬシャベル春の土」の批評

回答者 なおじい

竜子さん、こんにちは。
再訪です。

拙句「終電」へのコメントを再読していて気がつきました。
「余寒を見送る」をご評価いただきましたが、「私が終電と余寒の両方を見送った」わけではないのです。
「余寒と私が一緒になって、終電を見送った」のです。終電に乗り遅れて、その途端にそれまでのヌクヌクした気持ちが消えて余寒が襲ってきた、みたいなイメージです。
しかし、そうは読めませんね。自選ボツにして良かった(笑)!

自己満足に陥りそうなところを救ってくださり、有難うございました。
これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「いつからか使わぬシャベル春の土」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様こんにちは。
すみません、添削ではなく改作になってしまいました。
あくまでも参考程度にしてくださいね。

春耕や主も知らぬ捨てシャベル

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「いつからか使わぬシャベル春の土」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

のとにの使い分けは簡単ではないですね。いつも迷います。一応使い方を説明致します。

道の辺にとすると普段はないが今朝はある。道の辺のとするとずっと前から、道の辺についているという意味です。一般にのは所有、一部として備わっているという意味と認識しています。

次の有名な句が参考になります。
遠山に日の当たりたる枯野かな】高浜虚子

参考にしていただければ幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「いつからか使わぬシャベル春の土」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

使わぬシャベルですねポイントは。使わぬというのは竜子さんの思いかもしれません。実は使っているかも知れません

要は、詠み手は自身の思いを入れる必要はなく、見たままをそのまま読者に伝えれば良いと思います。あとは読者の想像に任せます。
「いつからかシャベルが一つ春の土」

よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「いつからか使わぬシャベル春の土」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様おはようございます。
拙句『若布漁』にコメント頂きありがとうございます。
語順の変更良いですね。
大変参考になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「いつからか使わぬシャベル春の土」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

おはようございます、山笑ふの拙句に共感ありがとうございます、
初めてぞ を使ったので、自信無かったのですが…認めて頂き嬉しいです😄
御句、いつからか使わぬが少し説明的かな~と…あらちゃんさんに春耕をお借りして、

・春耕や刺さるシャベルの錆びてをり

大分改作になったらごめんなさい🙏
錆びていなかったかもしれませんね
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「いつからか使わぬシャベル春の土」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

再訪です。

宇宙の魔法の件ですね。ご指摘の魔法かなは確かにごもっとも、かなは物に対しての方が良いようです。数少ないカタログハウスの佳作は「車座の魔法使いのビールかな」でした。
このたびも「舌先の宇宙の魔法の氷かな」

竜子さんのかもしれぬも良いですね。
「舌先の氷魔法かもしれぬ」

色々勉強させてもらいました。竜子さんもなかなか熱心ですね。この調子で続けて下さい。上達は私なんかよりずっと早いと思います。

一点、ストレートより相手をはぐらかす変化球を試されることをおすすめします。
😋すべてを語らない、少しだけ具体的に
これはあの夏井いつきさんの進言です。

おせっかいのようですがきっと役に立つと思います。

今後ともよろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「いつからか使わぬシャベル春の土」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは。
拙句「終電」にコメント有難うございました。「終電の背中」、いいですね!使わせていただきます!

御句拝読しました。初読では、「このところ全然土いじりをしなかった。シャベルを引っ張り出してみたら土が付いたまま。これってもしかして、去年の春の土?ということは一年間、何もしていなかったのか?」とか、そんな情景を思い浮かべました。

全然違っていましたね(笑)。失礼しました。

「いつからか使わぬ」、これは今朝気がついたのであって、ずっと気になっていたのではないと思いますので、今朝の状況をお詠みになればいいと思いました。

ご自身のコメントを参考にして、

・あぜ道に刺さりしシャベル春の朝

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ふりかえる笑顔そのまま朧月

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

朝霧や温泉街の石畳

作者名 鈴屋いるか 回答数 : 4

投稿日時:

ふんわりとタリラリランと梅香る

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『いつからか使わぬシャベル春の土』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ