俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

道の辺に今朝のあかりや薄氷

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

現役の時の記憶です。朝の出勤で駅まで徒歩て向かう途中のことです。

最新の添削

「道の辺に今朝のあかりや薄氷」の批評

回答者 めい

  こまじいさま。こまじいさまが、出勤途中に
なにか、キラキラ光っているのを感じそれが、薄氷だとわかり思わず微笑んだという句意です。
薄氷に元気をもらったような感じですね。

▪道の辺の薄氷キララ笑みこぼる

また、宜しくお願いいたします。🙇

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「道の辺に今朝のあかりや薄氷」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

こま爺様こんにちは。
御句よく出来ていると思います。
季重なりしないよう工夫されていますね。
しかも情景が浮かんでくるようです。
素敵な一句ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「道の辺に今朝のあかりや薄氷」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 おはようございます。
お世話になります。
拙句鳥一羽のコメントありがとうございます。
ご提案も勉強になります。
御句
佳いと思います。
上五のにをのとしてもどうかなと思いました(初心者の感想です)
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「道の辺に今朝のあかりや薄氷」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様  
再訪です。
助詞の扱には悩むところは同じ思いです。
御句の場合
今朝と時間を詠んでいますから「の」でもよいのかな?と思いました。
道に今朝は氷ってましたよと説明的になりませんかね?
時間を詠まず
駅までの道にあかりや薄氷
「に」ですね。
例句の
遠山に日の当たりたる枯野かな】高浜虚子
この場合時間を詠んでいませんから「に」の効果は大きと思います。
初心者の感想ですから自信はまったくありません。
いずれにしても「に」「の」の使い方は勉強になりました。
ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「道の辺に今朝のあかりや薄氷」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

おはようございます、山笑ふの拙句に共感頂きありがとうございます🙇
ぞ は初めてで本当は自信ありませんでした😓
御句ですが、今朝のあかりの措辞の意味がよく分かりませんでした、
まだ早朝で、家々の明かりという意味でしょうか?

・東雲を映してをりぬ薄氷

ごめんなさい🙏句意と違うでしょうか?映してなかったかもしれませんね😅
ご指導なんて、とんでもないないです!こまじいさんの個性的な句にはいつも感心しております。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

校庭の茶色の雪を食べる友

作者名 いくたドロップ 回答数 : 3

投稿日時:

白黒の日傘揃ひて合掌す

作者名 なおじい 回答数 : 15

投稿日時:

蛋白質足りぬ冷蔵庫の何処

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『道の辺に今朝のあかりや薄氷』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ