俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

漬物の桶につつまし薄氷

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

氷は冬の季語。薄氷(春の季語)
故郷は寒いところ。春でも漬物桶薄氷が張る。

最新の添削

「漬物の桶につつまし薄氷」の批評

回答者 もんこ

竜子さま
いつもありがとうございます。
西明かりは陽が沈んでも頃く明るい西の空のことで、夕間暮れは暗くてよく見えなくなること、黄昏時に近いようです。
同じような光景ですが、感じ方が違うのでしょうね。

とても綺麗な光景の提案句ありがとうございます。

漬物の桶、慎ましく生きる日本の生活が出ています。そこへつつまし薄氷ですから。。このままいただきます!

また宜しくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「漬物の桶につつまし薄氷」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様再訪です。
拙句『梅の木の』にコメント頂きありがとうございます。
ご提案句も佳いと思いました。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「漬物の桶につつまし薄氷」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

竜子さんこんにちは。
いつもありがとうございます。
薄氷句にコメントと提案句ありがとうございました。
竜子さんの漬けるお漬物、美味しいだろうなあ。
白菜漬けかな?
「つつまし」に作者の日頃の生活感や人柄が表れていると思います。いい言葉ですね。
生活の中に俳諧のあるいい句と
思います。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「漬物の桶につつまし薄氷」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。日本の冬!という感じの句ですね。

ちょっと気になりましたのは、薄氷といえばつつましいのではないかと。ガッツリした薄氷とか、ありませんから。
そこで、「つつましい氷」としてしまうと冬になってしまいますので(お題、変ですね(笑))、薄氷は残して、

・裏庭の漬物桶の薄氷
・故郷は漬物樽に薄氷

場所の情報を入れてみました。下五は「うすごおり」です。
ただ、自分でもあまり上手くない提案句だなと思っていますので、そこはご容赦ください、すみません。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「漬物の桶につつまし薄氷」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

竜子さんこんにちは。
「つつまし」を使って詠んでみました。
貴句には「つつまし」が似合うと同時に、作者の思いではと感じました。

薄氷やつつましき人こそよかれ

よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

濯ぎ物夜干す習ひ今日の月

作者名 しお胡椒 回答数 : 2

投稿日時:

せせらぎの鳥飛び去りて牡丹かな

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

厳しき遺言状やソーダ水

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 12

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『漬物の桶につつまし薄氷』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ