俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

廃線の線路のゆらぎ春うらら

作者 めでかや  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ケントさんの句に感動して、少々参考にさせて頂きました。
他に出すことも出来ませんのでここで、お許しくださいね。
真っ直ぐであるはずのものが揺らいで見える、
ケントさんの発想が素晴らしい!。

最新の添削

「廃線の線路のゆらぎ春うらら」の批評

回答者 おかえさき

こんにちは、私へのポストのヒントまで考えて頂き恐縮です😄
そうですね!1年間プレートと釘を入れていた経験なんて…貴重な体験ですね😅
脛の傷で投句した事はありますが…考えてみます。
御句ですが、他の方の指摘にあるように季重なりなんですね、

・廃線の線路ゆらぐや春の昼

なんて考えましたら、ケントさんの元句も同じ季語でした😓
またよろしくお願いします。
自身の句が中々浮かばないこの頃です😥

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「廃線の線路のゆらぎ春うらら」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

めでかやさん
すぐにコメントありがとうございました。
そして、すぐに「ゆらぎ」を使って詠んで頂きありがとうございます。
即吟にしては整っていると思いますが、春うららと言う慣用句が「春」「うらら」それぞれに季語になっているとは。
残念です(笑)。

廃線路ゆらぎ揺らぎてうららけし

なんてどうですか?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「廃線の線路のゆらぎ春うらら」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

めでかや様 こんにちは
再訪です。
まさか枯野に勝てるはずありません。
昔、暮らしたオシメと団地と言われた風景を詠みました。
天気になると一斉の布団干すんですよ。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「廃線の線路のゆらぎ春うらら」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

めでかや様。ボツでもそうじゃなくても教えて下さいね。お待ちしています。
御句、春うららが季重なりでもったいない。
でも、お気持ちめちゃくちゃわかります。
ケントさんに一票ですね。
雰囲気をこわしたくないのであれば。
これからもよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「廃線の線路のゆらぎ春うらら」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

めでかや様 こんにちは
お世話になります。
夏井先生に言われそうです。
春もうららも季語ですと・・・
情景は見えます。
季語は
棚霞はどうでしょうか?
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「廃線の線路のゆらぎ春うらら」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

詩情に溢れた情景だと思います。

一点、コメントさせてもらうとすると、ゆらぎという措辞でしょうか。あっさり、擬人的ではありますが、揺れるで良いのだはと思いますが。

ゆらぎは身体的な不調のせいでふらふらすると、物理的な減少として特性が振動するという意味がありますが、いずれにせよ、廃線のレールで十分情景を表現しているので、ゆらぎは重過ぎる印象です。

提案です。
「廃線のレールのゆれて春うらら」
あるいは、
「廃線のレールゆらゆら春うらら」

よろしく。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅咲いて佐布里の里はいと静か

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

忌を修し座敷の客に冬日差す

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

尾長鳥雫の玉の紅躑躅

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『廃線の線路のゆらぎ春うらら』 作者: めでかや
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ