俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

何処より闇夜の梅の香りかな

作者 もんこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

梅の花が咲いてます。
闇夜にやわらかく香る梅の花に春の訪れを表したいと思います。

宜しくお願い致します。

最新の添削

「何処より闇夜の梅の香りかな」の批評

回答者 感じ

こんばんは🌇
再訪です。
御句に、文法の間違いはありませんよ。
ただ、「何処よら」と「梅の香り」の間に、「闇夜」が入る事で、流れがよくなるのではと、「私」が「主観的に」そう思ったのでコメントさせていただきました。
あくまで、私のコメントは「主観」ですので参考になれば、という程度のものですよ。
今後とも宜しくお願いします。🌞

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「何処より闇夜の梅の香りかな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

もんなさん、こんにちは。
御句拝読しました。これはまた、実に風流な句ですね。いい感じです。

実は「夜の梅」という季語があり、その本意はまさにもんなさんが御句で詠んでおられるようなことになります。
そこで私は、もんなさんが、このような香りに誘われて昔のことを思い出したというような仕立てにしてみました。

・遥かなる逢ひたき人や夜の梅

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「何処より闇夜の梅の香りかな」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

もんな様、こんばんは🙂

格調ある句で好きですね😉
「何処」は、"いづこ"ですよね。("いずこ"とは記しません😊)

令和の世ですからね。
類想的だ、ということは、言いたくないです😔

整っている句だと思いました。
また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「何処より闇夜の梅の香りかな」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

もんな様おはようございます。
節句掛幅にコメント頂きありがとうございます。
ご提案句素敵ですね。
参考になりました。

御句整ってますね。好きですねこのような俳句
何処ですがひらがなで表記されるとなお素晴らしく仕上がったと思います。
誤読を避ける意味でもあります。

いづこより闇夜の梅の香りかな

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「何処より闇夜の梅の香りかな」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

もんな様 おはようございます。
お世話になります。
御句
佳いですね。
たしかにどこからか梅の香りがという時期になりました。
場所を詠んでおられるので、時間で詠んでみました。
下手な提案句です。
いつのまの闇夜の梅の香りかな
句意を変えて失礼しました。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「何処より闇夜の梅の香りかな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

何処よりは香るという動詞に掛かる副詞ではないでしょうか。語順を変えるのが良いのではと思います。
「何処より梅の香るや闇の夜」

文法の話勘違いだとしたらお許しのほどを。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「何処より闇夜の梅の香りかな」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇お世話になります。
もんなさん。
御句。
・動詞を使ってないのが良いと思います。(省略ですね)。
・「何処より」(いづこより)は、「梅の香り」に近づけた方がよいと思います。
・措辞を入れかえて。また、「や」は「詠嘆かつ疑問」の意とすると言うことで。

・いづこより梅の香りや夜の闇

今後とも宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

干芋の焼き目眺むる親子かな

作者名 ドキ子 回答数 : 4

投稿日時:

盲目の少女に触れる滝飛沫

作者名 白南風 回答数 : 4

投稿日時:

眠れぬ夜ちいさき梨を剥きにけり

作者名 竜子 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『何処より闇夜の梅の香りかな』 作者: もんこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ