俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

湯気たちて元旦の香の厨かな

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こちらでの新年ご挨拶が遅れてしまいました。なかなか不穏な始まりでしたが、皆様ご無事でいらっしゃいますでしょうか。なかなか俳句修行の日々でこちらに顔出せる機会が減ってしまいましたが、今年も何卒よろしくお願いします。

最新の添削

「湯気たちて元旦の香の厨かな」の批評

回答者 気まぐれ亭

再訪です

福寿草句へのコメントありがとうございました
たしかに皆さんに混乱を招いちゃいましたね
なんかすみません、、、(笑

本題のご指摘ですがまさにズバリですね
「」問題を抜きにしても「」があるので季語の力も弱まってますし、季語の活用の効果もあまりない句でした、、、
初日記と置くと途端に締まりますね

問題点を細かく指摘いただきありがとうございます
ふわっと添削される方もいる中で大変勉強になります!
#もちろんすべてのコメントはありがたくいただいていますが
今後ともよろしくお願いします

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、気まぐれ亭さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「湯気たちて元旦の香の厨かな」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

卓鐘さんあけましておめでとうございます。

御句
良い句だと思います。
「元旦の香」とすることで、いろんな香りを想像させる工夫がありますね。
このままでもいいですが、「湯気」と「厨」をくっつければ、もっと映像がスムーズになりそうです。

・『元旦の香る湯気立つ厨かな』
ただ、これだと「香る」「立つ」と動詞が続いてせわしない感じになるので
・『元旦の香れる湯気の厨かな』
こんな感じでいかがでしょうか。

今年もよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「湯気たちて元旦の香の厨かな」の批評

回答者 気まぐれ亭

句の評価:
★★★★★

あけましておめでとうございます

御句拝読しました
土屋さんの仰る通り「元旦の香」がよいですね
別バージョンで一つ
 湯気立ちて元旦めきぬ香の厨
今後ともよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭さんの俳句の感想を書いてください >>

「湯気たちて元旦の香の厨かな」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

卓鐘様こんにちは。
拙句「元旦や」にコメントありがとうございます。
見むにした訳は積極的に見るという光景を含みにしたものです。

み・む 【見む】見よう。見たい

御句佳いですね。映像や匂いが感じられます。
今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「湯気たちて元旦の香の厨かな」の批評

回答者 秋恵

句の評価:
★★★★★

卓鐘さま、
こんにちは!
ふんわりとのどかな元旦の様子が
目に浮かぶようです。
どんなご馳走が出てくるのか
楽しみに待つ一時が最高ですね~
とても素敵な句だと思いました!
これからも宜しくでーーす。

点数: 1

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

「湯気たちて元旦の香の厨かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

卓鐘さん、こんにちは。
明けましておめでとうございます。
といいつつも、おっしゃる通り年明け早々におめでたくない災害や事故が続いてしまいました。
関係各位にはお見舞い申し上げます。

さて、卓鐘さん、お久しぶりです!御句拝読しました。とても良い光景が浮かびます。

ただ、卓鐘さんですので一つ教えてください。
「湯気たつ」という冬の季語があります。御句ではこれと元旦を合わせてお使いですが、「湯気たつ」という季語はいわゆる加湿器のことで、御句の湯気は台所仕事(調理)のことなので季重なりではない、ということでしょうか。
そうだとすると、さすがだなと思いました。
今年もよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「湯気たちて元旦の香の厨かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

卓鐘様。よろしくお願いいたします。
元旦を中七に持っていくのは、なかなかの勇気が
入ります。まだ、私には、できない、テクニックです。

元旦や厨の湯気の香りかな

また、宜しくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水温む〆切あとの提案書

作者名 世良日守 回答数 : 3

投稿日時:

河津桜ここにもありて伊豆の空

作者名 負乗 回答数 : 11

投稿日時:

梅なれど庭の真ん中鎮座する

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『湯気たちて元旦の香の厨かな』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ