俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

和の文字の風の落書き冬芒

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

畦道を散歩中一角に芒の群れが風にゆらりゆらり。みんな同じ方向に平和に暮らしているように映りました。

最新の添削

「和の文字の風の落書き冬芒」の批評

回答者 めい

こまじいさま。初めまして。こんばんは。
シズル感は、失敗でした。
貴重なお時間をお取りして、申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。🙇

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「和の文字の風の落書き冬芒」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 おはようございます。
再訪です。
拙句の花嫁のコメントありがとうございます。
この句は中七をや切る型の練習です。
12音と関係ない季語
花嫁と冬の梅は関係は薄いけれど、多少一本に糸があるかな?で使ってみました。
湘子は季語は離して使うです。その型の練習です。
提案句も良いのですが、切れなく間延びした感じを受けました。(初心者だからでしょうが)
俳人の藤田湘子は生徒に課題を出しました。
この土手に登るべからず〇〇〇〇〇
下五の季語に1蕗の薹、2春の雲、3卒業歌、4啄木忌
どれがふさわしいかという問題です。
普通は1か2と答えると思います。
しかし、4がふさわしいと述べています。
「今日は啄木の忌日だった」と気づいた作者の内面が表れよいと解説しています。
いわば二物衝撃です。
まだまだ未熟な私は型を学んでいろいろ勉強中です。
それと誰にでも分かりやすい俳句を作りたいとおもいます。
ながなが失礼しました。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「和の文字の風の落書き冬芒」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 おはようございます。
お世話になります。
御句
先のコメントを読まないとすぐには理解できませんでした。初心者だからでしょう。
風の吹く様を映像化した方が良いような?
右からの風おだやかや枯尾花
風のかとおだやかなおと季語との韻はどうかなと?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「和の文字の風の落書き冬芒」の批評

回答者 秋恵

句の評価:
★★★★★

こま爺さま
コメント有り難うございました。
この句は失敗作です。
猫だけでは季語にならないのですね、
歳時記に出ている通りの文字数でないと駄目だと分かりました。
又のご指導を
宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

「和の文字の風の落書き冬芒」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 再訪です。
4番と即答はさすがですね。私自身は1番と思っていました。
熟練者は凄いですね。
発想の連鎖ですか、私には難しいの身近なところから詠んでいきます。
ただ、連鎖がすぎて訳の分からに句ではダメなんでしょうけど?
熟練のこま爺様ぜひこの道場でお手本の句を載せて未熟な後輩を導いてくださるようよろしくお願いいたします
これからもご指導よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「和の文字の風の落書き冬芒」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

こま爺さんこんにちは。
十二月八日の句へのコメントありがとうございました。
お返事が遅れて申し訳ありません。

御句
「風の落書き」というフレーズがいいですね。非常に詩があると思います。
ただ上五の「和の文字の」がわかるようでわからない。そんな感じがしました。
「和の文字のような」という比喩だと思いますが(違ったらすみません)、上五から中七までふわっとした表現が続くのがやや損かなと思いました。

説明欄に書かれた「畦道」を使ってみます。
・『畦道に風の落書き冬芒』
ただこれだと映像が分断されているので
・『風の落書き畦道の冬芒』
こうした方がいいかもしれませんね。

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「和の文字の風の落書き冬芒」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 こんにちは
お世話になります。
拙句の茶碗酒のコメントありがとうございます。
お褒め頂きありがとうございます。
励みになります。
これからもご指導よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「和の文字の風の落書き冬芒」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

こま爺さま、こんにちは。
拙句「冬日差し…」へのコメントをありがとうございます。
動詞が2つになるケース、なるほどそれらの因果関係の有無なども一つの判断基準になるのですね。ありがとうございました。

御句、「風の落書き」というワードが「冬芒」と相まって、すごく詩情があっていいですね☆
たしかに上五はコメントを読むまでわからなかったですが…『今年の漢字』のイメージでしょうか。「和って何だろう、和と言えば…」と考えていけば辿りつけそうな気もしました。勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「和の文字の風の落書き冬芒」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

こま爺さま
良いですね、平和だなあ。私はきのこ狩り(蕨採りだったかな?)に行った時のこと、メタセコイア並木に運命を感じるくらい、その赤さ(金色)に感動したことを(芒もメタセコイアも大好き)覚えています。もう一度、行きたいなあ。私事が多くなりました💦すみません。これからも添削、ご指導など、どうぞ宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

「和の文字の風の落書き冬芒」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇お世話になります。
拙句「剣ささる牛」を添削して頂きありがとうございます。
「白息」に「生き物の魂」が宿りました。
参考になりました。
さて、御句。
「詩」を意識した句と。
率直に、「風の落書き」は、「詩」を感じましたが
「和の文字の」は、やや説明的かなと思われました。解釈は各人各様、色んな解釈あって然るべきですね。私は、コメントと合わせて、芒がみな同じ方向に、を暗喩しているかと。
上五の提案は他の措辞との関係性、作者のもつ詩性と関わりますので、控えておきます。と言うより、思い付きませんでした。
まあ、それはさて置き。
やはり、師弟関係もない「素人が同士が添削する」ことは、やはり無理「なのでは」と考えております。私がここに来てからも、「いざこざ」らしきものを四つほど見ております。
先輩諸氏もそうでしょうが、イサクさんの心労も大変だったことでしょう。
戻られるかどうかわかりませんが。
八割褒め合う、二割でそっと添削ぐらいが丁度いいのかもしれません。
一時間、コメント、添削考えて、結果、反感もたれたら、、、。
私もいま去就を考えております。しばらくは、居させてもらうつもりですが、その内消えるかもしれません。
まあ、私ごとです。
とりあえず、お世話になりました。
そう、「女」について、酌を交わす事実現されてませんね。^ ^。

点数: 0

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

今日どうだ庭の紫陽花見頃だよ

作者名 なおじい 回答数 : 18

投稿日時:

致死量の歓声浴びて運動会

作者名 知世 回答数 : 6

投稿日時:

師走空メタセコイヤが散らす羽

作者名 ふじまる 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『和の文字の風の落書き冬芒』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ