俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ

作者 慈雨  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ガザ、壊れた家のガレキの下に子どもの玩具や絵が埋まっていたという報道を見て。辛いニュースが続きますが、少しでも早い停戦を願っています。
季語はもの凄く動くと思いますが、冷たい冬に微かな光を感じる冬日と取り合わせてみました。

最新の添削

「冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ」の批評

回答者 なおじい

慈雨さん、こんにちは。
初投句以来、精力的にご投句なさって、また、他の方々へのコメントも丁寧でよろしいですね。

拙句「辛きこと」にも早速コメント有難うございました。「深読み」してくださるのであれば作者として嬉しいことです。

お礼に御句にコメントするにあたり、最新作にしようかとも思いましたが、最近で特に印象に残っているこの句にしました。

これはいい句ですよ。可哀想とか悲惨だとかおっしゃることなく、映像で心情を表していますね。

時節柄、戦場を思い浮かべますが、先にも出ております通り震災等でも共通するシーンであり、想像の幅が広がります。

「冬日さす」の季語がいいですね。これが「冬の雨」とかであれば、単に悲惨なだけの句になってしまうところ、厳しい中にもどこかしら希望を感じさせてくれる季語ですので、読み手も救われます。

今後ともよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

今晩は、私も皆様と同じく佳句と思います!地名を入れなくても、この時期きっと戦時下の様子だろう…
この家には子供がいたのだろうか?
そこに、冬日で微かな希望を感じさせてると思います!
南風さんのコメントを読んで、葉月庵さんと同じ事を送ろうと思っていました。
前は、このサイトの使い方のところに、ここへの投句は既発表になると書かれていましたし、先輩からそうゆうアドバイスを受けました(本当に他へ発表しようとしたら取って置くみたいな?)
私もついうっかり忘れて他へ投句してしまった事が…😓ここはネットなので大きな問題にはならないかと思いますが、注意は必要かと思います。
老婆心で失礼いたしました<(_ _)>

点数: 3

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ。

本句、いい句と思います。

さて、既発表のことについて、どうも解釈や倫理の問題のように議論されているのが気になったので。明確に、ネットで公開されているものは既発表句です。で、投句サイト側が、「未発表」に限るとあったら、それを投句するのはその投句先へのルール違反です。賞によっては、既発表OKとするところは稀にあるのでその場合は問題ないです。投句先のルールに従いましょうというだけです。(当然ですが、そのことについてこの道場サイトは注意書きなどしません。)
ネット、新聞、句集、結社誌、テレビ、ラジオ、SNSこれらにUpされ不特定多数に触れる可能性があるものは全て、既発表扱いです。
クローズとな句会とかはOK。(NGと考える人もいる)

なので、倫理的どうのとかは全く関係なく、ルール上投句先が既発表NGと言えばNGだよねって単純な話で、既発表とはこのサイトにあげたものは明確に既発表です。

あとは、グレーなゾーンとして、没になった句はどうか問題。これは、選者を試すから失礼だと考える人もいるようなので、僕はしないようにしてますが、これは大丈夫と考える人の方が多いようです。

点数: 3

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

 慈悲様へ、追記です。
 もし30代以下でしたら、青嵐俳談に御句を投稿されることをオススメします。もちろん他の俳句応募でも良いかと存じます。
 ここで埋もれさせるには勿体ない、素晴らしい句です。是非ともご検討いただければと思います!

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

慈雨さま
本当に、世知辛い世の中ですね、私はイスラエルとハマスを結ぶインターネットを繋いで、お互いの意見を言い合う機会を、日本人の女性が立ち上げたのを見て、ああ、お互いに気持ちを明かし合う事で、理解出来ることもあるのだと感じました。皆、母国はかわいいのですね、他国も同じなんだとお互いに思い合えれば、戦争はなくなるのかな。前にも書いた事があるのですが、誰かが儲かるから、という理由もあるのかなあ?ちょっとつらいなぁ。
 話しが突然変わり、申し訳ないですが、添削もありがとうございます。確かに懐かしいなぁと言ってしまうより、あの日の声がこだませりの方が、読み手に想像をかきたたせますね、ありがとうございます。私は結構直接的になってしまうので、気を付けます。これからもご指導、手直し句、どうぞ宜しくお願いいたします。長くなりました。失礼いたします。

点数: 2

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ

ご質問がありましたので。

1、このサイトで投句したのを既発表オッケーなら出してもよいか?

投句先が問題ないなら当然全くもんだいないです。xやブログサービスとここは同じようなもんです。句の著作権は作者にあります。好きにつかえばよいです。新聞が他にはだすなというのは、二重投句と著作権、選者への配慮などいくつか理由があると思います。

二重投句
これは、投句先に同一句を複数送ることですが、投句時点で未発表でも発表される可能性があるなら当然ですよね?

著作権
新聞社などに出すときは、著作権は新聞社に帰属する契約(投句規約などにかいてある)になってることが多いです。ライバル社への掲載を規制するのは普通かと。ライバル社側も著作権主張したらわけわからんです。なので著作権が先方にある投句先に同一句を送るのはトラブルのもとになるのでだめでしょう。(自分の句集やsnsで自分の句として発表するのは、慣習的に問題ないです。)

選者への配慮
選者のいる投句先に別々に送ることは、選者を試すことになりかねません。なので、それが失礼だと考える人もいます。

2、既発表だめともいいともとは書いてない投句先
うーん。まずそんなところはないと思います。(ネット句会とかクローズなとこは除く)で、もし書いてないないとしても普通はだめとは思った方がいいでしょう。
また、既発表オッケーで出せる投句先はまず持ってないですよ。あるのは、俳句大会の新人賞とかの連作で発表句も含めて俳人としての評価を行うような場合です。単独の句で、既発表でも良いとする選者のいる投句先はみたことありません。

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

慈雨様 おはようございます。
お世話になります。
戦争ではなにも解決しませんね。
権力者の争いに被害を被るのはいつも庶民です。
提案句です。
ぬいぐるみ瓦礫の下や冬のガザ
宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

寂しい心情がぬいぐるみに込められていますね。良く伝わります。

一点、瓦の下は、屋根を想像してしまうかもしれないので、瓦に混じるとしたらいかがでしょうか。
”冬日射し瓦に混じるぬいぐるみ

動詞が2つになりますが、因果関係連なる訳ではないので問題無いかと。

よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

 慈雨様、よろしくお願い致します。

 プレバトでいう「才能アリ」の良句と存じます。直す必要は全くありません。
「瓦礫の下のぬいぐるみ」この措辞で、状況が完璧に伝わります。更に季語「冬日差す」が効いています。絶望の中でも何とか希望を見出したい、そんな心情さえも伝わってくるようです。
 文句なく素晴らしい句です。この句に出会えて良かった。ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

はじめまして
葉月庵郁斗と申します。
コメントがなければ
震災や廃屋の解体とも読めました。
時事ネタ俳句とするならば
竜子様に一票ですが
素晴らしい句だと思います。
南風様のところへもコメント残しましたが
こちらに投句した句は既存句扱いになるので
他のところへそのまま出せないと以前
こちらの先輩から聞きました。
推敲されて入選された句もありますので
是非ともお勧めします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

逆富士の静謐を湛える泉かな

作者名 山浦早水 回答数 : 5

投稿日時:

天の川我れをも包む巨空間

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

麦茶よく冷えたる娘の新居かな

作者名 新米 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬日差す瓦礫の下のぬいぐるみ』 作者: 慈雨
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ