俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

落葉舟川に流れて時移る

作者 らな  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めて投稿するので拙いですが、添削お願いします。

最新の添削

「落葉舟川に流れて時移る」の批評

回答者 ケント

こんにちは。
貴句読ませていただきました。
落ち葉が小舟のように流れて行くのを見て、季節の移ろいを感じたのですね。いい光景ですね。
「川に流れて」が普段の文章のように感じますし、舟だから川も流れるも不要かも。
また「時移る」 はなんとなくは分かりますが、読手に伝わりにくいと思います。

落葉舟岩間すり抜けゆるやかに

季語「落葉」と言うだけで、読手は季節の移ろいを感じてくれると思います。またの投句をお待ちしております。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「落葉舟川に流れて時移る」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。
「落葉舟」という言葉を使うのはなかなかですね。
この言葉は歳時記に載っていない(季語になっていない)可能性がありますが、「落葉」の映像がある単語ですので、ここでは季語として話を進めます。

御句
◆季語一つ、五七五のリズム、という俳句の基本形は達成しています。
◆「落葉が川に浮いている」ならば「流れて」という説明はわざわざしない方がいいかもしれません。
 逆に「落葉舟流れて」として、流れのある川を想像させる方法もあります。
 どちらが良いかはこの句の表現したいこと次第です。
 が、
◆下五の「時移る」の意味がつかめませんでした。
 無理に解釈すれば『時間が経過する』という意味で受け取りますが、それでも意味がわかりにくいです。らな様はどういう意味で置いたのでしょうか・・・?
 この下五を作者が伝えたい内容で整えれば、中七の「川に流れて」の形も変わってくるものと思います。

「時移る」の意味がわかりませんので、たとえば「流れる落葉」の感慨を持ったまま、他の風景を足してみます。
「橋」とかいかがでしょう?落葉が橋をくぐった、ということで。

・落葉舟橋のこちらに顔を出し

例えばこんな感じで。
俳句に限りませんが、「伝えたい映像・風景・心情」と「それを伝えるための言葉」をいろいろ工夫してみてください。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「落葉舟川に流れて時移る」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

初めまして。

船は比喩なんでしょうね。船の如く川に浮かび流れるですか。月並みな語句が並ぶので少しスパイスを加えたい気がします。
”船の如落ち葉の川に時止まる

逆転発想も時には面白いと思います。よろしく。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「落葉舟川に流れて時移る」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

らな様 こんにちは
初めましてよろしくお願いします。
御句のことはイサク様の詳しくコメントされていますので
提案句だけにしますが。
浮島の堂に寄りつく落葉舟  大井邦子
俳句がありました。
提案句です。
神田川ながれ隅田へ落葉舟
あえて固有名詞を使ってみました。
神田川から隅田川へ流れる時間の経過も詠めているかなと?
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

隣家より枝先覗く花見かな

作者名 ふり 回答数 : 2

投稿日時:

根岸外国人墓地こどもの日

作者名 腹井壮 回答数 : 3

投稿日時:

春菊や遺影の笑みの若かりし

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『落葉舟川に流れて時移る』 作者: らな
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ