俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

玉入れの籠こそよけれ運動会

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「籠に入る玉こそよけれ・・・」では真似になってしまうので
掲句でお願いします。 でもやっぱり真似かな?

最新の添削

「玉入れの籠こそよけれ運動会」の批評

回答者 おかえさき

今晩は、いつもお世話になります。
ちゃあきさんに褒めて頂くと、とても嬉しいですし励みになります😄
(実はボツになった句の方が気にいっていたような😓)
ちゃあきさんも、人選おめでとうございます!(もっと高みを目指してらっしゃるでしょうが…😅)
運動会の拙句は、ふっと降りて来たような感じでした、こういう事たまにありますよね!
たまには、私の方からコメントをと思いながら…真似の意味が分からず
やはり、そういう名句があるんですね~
ちゃあきさんらしい、優しい視点と思いました!
玉やボールも受け手の籠やミットがあって成り立つ物ですし…
なおじいさんのコメントから
「玉入れはマツケンサンバオッレ!」
これじゃ俳句じゃないですね~😵
今日は、週一のリハビリの日で返信遅くなりごめんなさい、よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「玉入れの籠こそよけれ運動会」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

形としては「良い」という点に共感を求めるタイプの句ですが、運動会において「玉入れの籠という一競技の主役になりきれないアイテム」にそれほど「良い」と共感を呼べるかというと、難しいところですね。
また、「玉入れの籠」に季語「運動会」が近すぎて、季語を説明で使ってしまっていますね。詩になりにくいと思います。

「玉入れの籠」で運動会は想像がつくと思いますので、玉入れの競技中ならば視線が上を向いているはずなので

・玉入れの籠こそよけれ秋の空

たとえば ↑ こんな感じですか?

・玉入れの籠こそあはれ秋の雲

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「玉入れの籠こそよけれ運動会」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは。
御句拝読しました。
私はご自身のコメントにある「真似」云々の意味がわかりませんでしたので、それ以外でコメントさせていただきます。

御句、ちゃあきさんの特長(私の好ましく思う点)である「対象物をポジティブに詠む」が生きていると思います。「運動会は道具ありてこそ、みんな(主に子供たち)が楽しめるのだな」という意味ととりました。
ただそれだと、「こそよけれ」で伝わるかなあという余計な心配も。

そこでなおじい句で恐縮ですが、

・玉入れの籠ありてこそ運動会

これで提案させていただきます。

ちなみに昨日見に行った保育園の運動会の玉入れは、籠を囲んで輪になってマツケンサンバを踊りながら、途中で音楽が急に止むと玉入れを始めて、また音楽が始まると踊り出すという面白い趣向でした!

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「玉入れの籠こそよけれ運動会」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

ちゃあき様

いつもありがとうございます。
運動会の句にもコメントありがとうございました。この句は問題定義でもなんでも無く
只のバババカの句です。
幼稚園の年少組、よういどんで何処へ行くのやら?キョロキョロしたり真っ直ぐ前に走れただけで
偉い👏偉い👏と
皆さんのはご指摘通り「前に走れて」が分かりずらかったですね。
これは、私も最近聞いた話ですが
走った子全員に金メダルが貰えるらしいです。

御句、拝読しました。
玉入れの籠に趣がありますね。
私の子供の頃、竹で編まれていたような?
玉も1人何個と手作りしたような?
運動会の道具にも思い入れはあります。

また、よろしくお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「玉入れの籠こそよけれ運動会」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

再訪です。

私のコメントで人が「よい」と思っているものを「共感を呼べるかと言うと難しいところ」とか、これはダメなコメントでした。私の器の小ささが出てしまいました。失礼しました。コメントの削除ができないので、この部分は忘れてください。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「玉入れの籠こそよけれ運動会」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、おはようございます。

俳句生活、人選おめでとうございます。今月は佳作の句数よりも
人選の句数の方が若干多かったみたいですね。
さらに数えてみたら、道場の皆さんが10数名も入っていましたね(#^^#)。
とにかく、皆さんと同じ土俵に上がることができて良かったです。

さて、御句。私もしっかり考えてコメントしなければなりませんね。
『こそよけれ』これいいですね、こんど私も使ってみよっと(^^♪。

『玉入れの籠こそよけれ』、コメントを読むと、本当は籠でも玉でも
良かったんですねぇ。なんか説得力無いなぁ、コメント読まなきゃよかったわ。

私なら目立たないけれど価値があるものに着目したいかなぁ。
玉入れの籠も玉も準主役とここまで書いてから思考停止。
適当なものが浮かびません、運動会縛りが辛いかも。
おはようございますで始まったコメントが、すでにこんにちはの時間。

すみません、今日のところはこの辺で・・・。
今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

黒かびを落とし風呂場に風薫る

作者名 豆柴 回答数 : 2

投稿日時:

春光や択捉島の墓参り

作者名 世良日守 回答数 : 6

投稿日時:

こんな形で終わる事しか猫の恋

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『玉入れの籠こそよけれ運動会』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ