俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

来るものも立ちゆくものも秋の空

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

秋の空(自然は)はみんなに平等

最新の添削

「来るものも立ちゆくものも秋の空」の批評

回答者 コウ

竜子様

いつもありがとうございます。
秋暑しの句にもコメントありがとうございました。
発着音 いいですね。
暑しがあるので重くを使わず重くを表現したくも思いました。

御句、拝読しました。
ほんとに自然は万人に平等にあるんですよね。
でも、同時にそれを感じる心で同じもので無くなることも
自然は平等にあるのに…という意図も感じました。
違っているかもしれません🙏

また、よろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「来るものも立ちゆくものも秋の空」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

良いでね。こてこて盛り込んでいないのが良いです。

ただ、情景がないのでやや理屈っぽく感じます。そこで「もの」を「雲」に!
”来る雲も去り行く雲も秋の空”

よろしく。

点数: 3

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「来るものも立ちゆくものも秋の空」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

おはようございます😃お世話になります。
コメントありがとうございます。
さて、御句。
こま爺さんの「雲」がキマってますが。
私は「ひと」で。
・来る人もゆく人もあり秋の空
「ゆく」は漢字にしませんでした。また、直接的すぎるかも、です。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「来るものも立ちゆくものも秋の空」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。
こま爺さんの「雲」も、感じさんの「人」もいいと思います。
そこで私はなぜ、竜子さんが「もの」となさったか考えてみました。竜子さんはおそらく「万物」という概念から、「もの」となさったのではと。でも「物」としてしまうとなんとも無機質すぎるのでひらがなにしたのかなと。
実は私は初読では、「もの」を「者」と読み替えて提案しようと思っていました。これだともう、「人」と同じようではありますが、一応これで置かせていただきます。

・来る者もゆく者もゐて秋の空

この「ゐ」が正しいかどうかわかりませんが、使ってみたかったので…。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

双子座に眼をこらす人着膨れて

作者名 中村あつこ 回答数 : 3

投稿日時:

小雪舞ふ暗き流れの運河かな

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

雪月や雲の後ろに隠れけり

作者名 鰐渕颯 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『来るものも立ちゆくものも秋の空』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ