俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕風に上着をはおる秋隣

作者 水谷  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

風が少し 心地よくなってきましたね

最新の添削

「夕風に上着をはおる秋隣」の批評

回答者 ケント

こんばんは。
哲学の道に、感想と添削ありがとうございました。
哲学の道(固有名詞)とわかってもらえたので良かったです。
そこが不安だったので、京を入れました。
原句は、ひとりして~ でした。ご提案の 雨 いいですね。合いますね。
そもそも、イマイチの句でした。
またよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夕風に上着をはおる秋隣」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

旨いですね。シンブルですが描写は深いと思います。

一点だけですが、はおるは連用形で止めると季語がより引き立つような気がします。
”夕風に上書をはおり秋隣”

今後ともよろしく。

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「夕風に上着をはおる秋隣」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

こんにちは
立秋も過ぎると朝夕はだいぶ過ごしやすくなりましたね
私は暑がりなのでまだクーラー漬けですが、、、汗

さて、本句ですが「秋隣」と「上着」が少し近しいかな、と感じました
また、時期的に秋にも入りましたので秋の季語で詠んでみました
 処暑の夕上着一枚羽織りけり

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「夕風に上着をはおる秋隣」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

オクラ句へのコメントありがとうございました
他句でのコメントで題材がありきたりだとの指摘があり、個人的にも気になっていたところなので、少し捻ってみたのですが、完全に裏目に出ちゃってますね、、、汗
色々と試行錯誤中です、、、

なお、ちょうど去年くらいに一回ここで「軽井沢」で詠ませてもらいましたが、他所でも詠んだり詠まなかったりなので今の名前に改名しました
まぁ、俳句歴通算3か月程度なので改名や俳号といった大それたものではないですが、、、

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「夕風に上着をはおる秋隣」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

水谷さん、こんにちは。
御句拝読しました。こういう句が出る季節になってきましたね!

御句、夕方の風が少し涼しくなってきたので上着を羽織る、ということですよね。この、「風が涼しくなってきた」というのは季語の「秋隣」がかなり語ってくれますよね。

「夕風に涼しさ感じる秋隣」などより全然いいのですが、「上着をはおる」ですと、なんか直接的だなぁと思い・・・。
この辺を上手く解説できなくて申し訳ないのですが、

・夕風に肩をすくめる秋隣
・夕風に空を見上げる秋隣

こんな感じが浮かんだので、これらがいいかどうかわかりませんがお伝えだけします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

黒く濃く羽うち開き烏蝶

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

トマトトマトトマト無人販売所

作者名 たーとるQ 回答数 : 7

投稿日時:

冴返るガラスケースの腕時計

作者名 鬼胡桃 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕風に上着をはおる秋隣』 作者: 水谷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ