俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

涼み台くつきり影の富士の山

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

富士山のシルエット。
よくわからないけど?

最新の添削

「涼み台くつきり影の富士の山」の批評

回答者 あらちゃん

竜子様こんにちは。

拙句『鶯の』にコメント下さりありがとうございます。
あまり買い被らないでくださいね。
駄句も結構詠んでます(笑)

御句拝読しました。
めい様もご指摘なさっているように、当季語で詠まれると良いと思います。

真向に富士の山影春の宵

句意は違うと思いますが、一応ご提案させていただきました。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「涼み台くつきり影の富士の山」の批評

回答者 笙染

句の評価:
★★★★★

竜子様:

お世話様です。何時も有難うございます。

’’春うらら・・’’のコメント有難うございます。

今回のご批評まで’春うらら’は一語と思っておりました。
ネットから色々情報をキャッチ致しました。

【「麗か」は春の季語ですから、「春麗」という必要がありません。
「巷に溢れて手垢のついた言葉『春うらら』を使った俳句はダメ句だ」という人もいます ...】と、
ありました。新しい知識が一つ増えました。
有難うございます。感謝!!!

笙染

点数: 1

添削のお礼として、笙染さんの俳句の感想を書いてください >>

「涼み台くつきり影の富士の山」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

こんにちは

本句、富士山の上から見える影富士のことでしょうか
涼み台との取り合わせが少し遠いかなぁ、と感じました

山涼みくつきり影の富士の山
影富士や山の峰での夕涼み

点数: 0

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「涼み台くつきり影の富士の山」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

良い情景を詠まれていますね。
ただ影と山は削除してもいいのではと思います。
”涼み台富士のくっきり静かなり

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「涼み台くつきり影の富士の山」の批評

回答者 みつかづ

句の評価:
★★★★★

初めまして。拙作「増す陽気おむつ卒業パンツの夜」へのコメント、ご感想ありがとうございます。

ご質問への回答です。
まず、単語の意味の共有から参ります(weblio辞書、goo辞書)

季題:
1: 「季語」に同じ。
2:句会などで、題として出される季語。
句会等で出されるテーマの事ですが、発句に組み入れる習わしがある。

季語:俳句で、季節と結びついて、その季節を表すと定められている語。連歌・俳諧では、季詞(きことば)、季の詞(ことば)。四季の詞。季題。
歳時記にも載りその季節に合った言葉。

↓「季題」と「季語」の違い
https://chigai.site/7519/

季語である単語「卒業」の意味につきましては共有済みですので割愛致します。

拙作「増す陽気おむつ卒業パンツの夜」で、での季語「卒業」は「技術の習得などで、ある段階を完了する事」との意味で使われておりますが、その意味での使用だと季節感が無いと思われるというさんのご意見に賛同される方もいらっしゃるのではないかと思います。
しかしこの句の上五には、「増す陽気」というフレーズが使われています。陽気は季語ではありませんが、「万物が動き、または生じようとする気。心がはればれしいこと。ほがらかなこと。気分がうきうきすること。気候。季節」という意味を持っております。
このフレーズで、「卒業」の季節感である「仲春」を補完している構成になっております。

AIのCopilotも、「季語「卒業」は主役として立っています」と回答しております。
↓CopilotのURLです。こちらでご確認いただくのも良いかと思います。
https://copilot.microsoft.com/

ご納得いただけましたでしょうか?

これは私の所感(主観)ですが、竜子さんもこま爺さんも、「「季語の力」を信じ切れていない」様に私には見受けられます。季語の表面や句の表面をなぞるだけではなく、句の背後にある意味や感情にも注意をお払いいただき、深く洞察なさってはいかがでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、みつかづさんの俳句の感想を書いてください >>

「涼み台くつきり影の富士の山」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

竜子様。いつもお世話になっております。
御句拝読いたしました。
季語を見て、当季の句のほうがよいと感じたのですが、竜子様は、どう思われますか?

点数: 0

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

はつ冬や柱時計のぼんぼんぼん

作者名 げばげば 回答数 : 10

投稿日時:

丹念に緑硯磨く薄暑かな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

ハンチング秘密を被り花の下

作者名 藤井茂 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『涼み台くつきり影の富士の山』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ