俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

道野辺を白きさざめき衣替え

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

詠みかえてみました。通学のひとこまです。

最新の添削

「道野辺を白きさざめき衣替え」の批評

回答者 優子

佐渡様
いいですね、私はブレザーでしたが、夏はブレザーは着なくて確かに白のシャツに、赤いネクタイでしたが、佐渡様が詠んだのは、セーラー服でしょうか、憧れたものです。さざめきという言葉も、素敵です。それからコテージの添削、手直し句、ありがとうございます。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「道野辺を白きさざめき衣替え」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。今度はきっちり取り合わせへ、というところですね。
一変今度は通学ということはわからなくなりましたが、それでいいですよね!
道の辺に白きさざめき、と考えると、道のほとりに白い鳥がいるのだと読みました!
季語との距離感ってほんと難しいですよね。17音だけでコメントなしで、読み手に届けるのって難しいし、だからおもしろいですよね!

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「道野辺を白きさざめき衣替え」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

この句の「白きさざめき」を前書きなしで人間と捉えるのは厳しいかもしれませんね。
特に「白服」「白シャツ」が季語になっているのもあり、それを使わずに「更衣」を季語としているので、「白」と言われても服から離れたものを想像してしまいます。

私には海沿いの道を歩いていて波濤の光景、が浮かびました。
波のさざめき。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「道野辺を白きさざめき衣替え」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

衣替え句コメントありがとうございました
拙句ですがたぶん私のコメントがなければ
心情句ともわからないとダメ句ですね(笑)
御句詠みかえられましたが
上五で道野辺という地名がありましたが違いますよね?
緑の生い茂った小道を想像した後に
白きざわめきときたので?
となりました。下五で
あ!衣替えでしたかという着地の感想です。
前句に近いのですが

通学路白きざわめき衣替え

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「道野辺を白きさざめき衣替え」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

佐渡様
教えて下さい。御句は、道沿い・道の畔に白くさざめいているものがある、それは白い花なのか、白い鳥なのか、白っぽく衣替えした子供たちなのか。いろいろ想像出来て楽しいです。浅薄な私だったら、道野辺を ではなく 道野辺に としてしまうのですが
なにが違ってしまうでしょうか?教えて下さい。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「道野辺を白きさざめき衣替え」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

佐渡さん、こんにちは🙂
いつもコメントありがとうございます😉

「さざめき」とは、雅語の類に入るとおもうのですが、意味としては、

にぎやかに声を立てて騒ぐ。
 「笑い―」

ということなので、少年少女が静かに騒いでいる光景ですかね…
「を」が、私的には気になりました。
「道野辺の白きさざめき衣替え」
のほうが、自然では…(調べ重視の句と思われますので…)
「道野辺の白のさざめき衣替え」
とかも、あり得るかな…

一人それぞれの、言葉の感覚ですので、気にしないで下さいね😉

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「道野辺を白きさざめき衣替え」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

こんにちは😊佐渡さん
更衣の句に添削ありがとうございます。
最近は私は地元の新聞に投稿したり、俳句の募集があると試してみてはいますが、なかなか難しいです。でも俳句作りを楽しんでいます。
佐渡さんは、ほんといろいろ勉強されていて、頭が下がります😆これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「道野辺を白きさざめき衣替え」の批評

回答者 めいしゅうの妻

句の評価:
★★★★★

佐渡様
田植えの添削有難うございました。一日ひとつずつ勉強させていただいております。
また、に と を についてはげばげば様より詳しく教えていただきました。
有り難いかぎりです。
またよろしく。

点数: 1

添削のお礼として、めいしゅうの妻さんの俳句の感想を書いてください >>

「道野辺を白きさざめき衣替え」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

こんにちは、さっそく胡瓜の拙句にコメントありがとうございます<(_ _)>
佐渡さんは最近めきめき上達されてらっしゃいますね✴
この前の奥様の居眠りの句もうとうとではなく、うつうつとしたところ
(皆さん絶賛でしたね!)この句も白きさざめきとしたところが色んな想像させてくれます!
勉強になります。
また、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「道野辺を白きさざめき衣替え」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

再訪です。
万太郎先生がそんな句を詠まれてたんですね。
私とはレベルが違いすぎますが、当たり前(笑)
似たような感じだけでも感動です。
ありがとうございます

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「道野辺を白きさざめき衣替え」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

再訪です

「さざめき」は人間の行動、ですが、

たとえば
「会話」は人間同士が話すこと、ですが、
「白き会話」と言われても、白い服を着た人は想像できない気がします。何かの比喩になってそうなことば。
ということだと思います。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

極暑なり団旗掲ぐる学生帽

作者名 卓鐘 回答数 : 5

投稿日時:

寒さ深く暖かさ願う立春

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

行く春や短き影の古き橋

作者名 博充 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『道野辺を白きさざめき衣替え』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ