俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

手枕に風のゆるくて夏近し

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります。

夏になりそうでならない
今の季節が好きです。
昨日の風の心地良さを詠んだのですが…🤔

腕枕だと誰かに腕枕をしてもらっているようなので
手枕としました。

よろしくお願いします。

最新の添削

「手枕に風のゆるくて夏近し」の批評

回答者 負乗

コウ様、こんばんは🙂
お世話になります。
やはり、「風のゆるくて」の措辞がね…😄
げばげばさん提案句、全部好きですね…

手枕になだらかな風夏近し
手枕にやはらかき風夏近し
手枕ににぎやきな風夏近し
手枕にみづいろの風夏近し
手枕に墨にほふ風夏近し

「手枕にみづいろの風夏近し」
これが、私の好みです。
"恋はみづいろ"、ですね😉

また、宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「手枕に風のゆるくて夏近し」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。気持ちいい句です!感じたことを詠むというのが一番ですね。ゆるくて、とつなぐか、風と取り合わせるか、中七はいろいろ試してみると学びが多そうです。たとえば、

手枕になだらかな風夏近し
手枕にやはらかき風夏近し
手枕ににぎやきな風夏近し
手枕にみづいろの風夏近し
手枕に墨にほふ風夏近し

点数: 3

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「手枕に風のゆるくて夏近し」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌆お世話になっております。
御句、暑くなってゆく季節にも、涼しさを感じる良い句だと思います。とくに、「手枕」。色のある言葉です。知りませんでした。
それはさておき。
先日、コウ様が再考された、「花冷」の句について。
「過去」の「し」について
①作者の「今」に立って、「積まれしダンボール」は、存在しない
②句自体が「過去」
と言うようなコメントしました。
しかし、N俳句雑誌に次のような句をみつけました。
・野遊の子より貰ひし花の束/五味新悟
・めつむりし蟇には蟇の志/大牧広
いずれも俳人の選を受けた、または、俳人の句でありますので、俳句として成立しております。ですので、コウ様の「花冷」の再考の句も成立します。
(私は句として成立しないとは断言はしませんでしたが、そうとも受けとられるコメントでした。すいませんでした)。
これにつき、現代語で考えると
「俺の腕時計、どこやった?」
「昨日の夜、台所のテーブルに置いた(わよ)」
この「た」は「過去」でしょう。
一方、「テーブルに置いた腕時計」
「過去」よりは「現在」の感じがします。言い換えば、動作が「完了」し、「存続」していると言うことでしょうか、、。
いずれにしても、動詞が一つで「過去」の「き、し」が使っていれば、作者の「今」において、その「措辞」は存在しない、だから、ダメあるいは間違い、と言うわけではないようです。
私のコメントで、作者の表現の幅を狭めることがあってはいけないと思います。
プロの句がありますので「過去、き、し」を使った句もありということです。
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「手枕に風のゆるくて夏近し」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます
手枕だけでのんびりくつろいでいる姿
風の表現、季語
大好きな句です。
げばげば様の提案も
勉強になりますね。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

戦メリやテクノの先駆春の星

作者名 めい 回答数 : 2

投稿日時:

体育の二人一組悪夢なり

作者名 めい 回答数 : 2

投稿日時:

牡丹雪寸の間一尺積もりけり

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『手枕に風のゆるくて夏近し』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ