俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

藤棚の下にどこでもドアがある

作者 宮武桜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

なんとなく不思議な空間です。
どこでもドアに鉤括弧を付けたいのですが、ここの機能ではできない様です。

最新の添削

「藤棚の下にどこでもドアがある」の批評

回答者 めでかや

桜子さん、こんにちは。
心太・・・へのコメントありがとうございます。
心太の意外性よりも、藤棚と『どこでもドア』の取合せの方がぜんぜん楽しい
ですよ!。藤棚の下って神秘的な感じがしますもんね、妙に納得致します。
(生まれが海の傍だったもので、駄菓子屋のおばちゃんも潜りに行くんですよね。
 天草を取って手作りの心太が当たり前だったのです。)

提案句
・藤棚や『どこでもドア』を探しをり

ファンタジーは感じましたが、やや報告っぽく感じたので、切れを入れ、
下を省いて見ました。今後ともよろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「藤棚の下にどこでもドアがある」の批評

回答者 やまの はるか

句の評価:
★★★★★

かこさん こんばんわ 夕焼けの句の添削有難うございました いつも思うのですが 発想が凄いです なかなかこんなこと思いつきません ワクワクしますね

点数: 1

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「藤棚の下にどこでもドアがある」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

おはようございます😃
拙句へのコメントありがとうございます。
さて、御句。
「がある」
作者は、「どこでもドア」をみています。(?)
よって、「がある」は不要かと思います。
・藤棚の「どこでもドア」の狩衣よ
(源氏物語を意識)(どこでもドアは、空間移動だけでしたね)
今後ともご指導よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「藤棚の下にどこでもドアがある」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

こんにちは😊
「低反発」の句にコメントありがとうございます。桜子さんの句もいつも素敵で、大変勉強になります。雪柳が揺れている所と猫のしっぽがゆらゆらしている様子がとてもホッコリ(◍︎´꒳`◍︎)しますね。
今回の「低反発」の句はかぬまっこさんからの指摘を頂いた通り、「低反発に猫の足」でした。
助詞の使い方や入力も気をつけようと改めて感じています。
宮武桜子さんのお名前で、兼題の「花冷」の句を拝見させて頂きました。
「鳥雲」の時のスフィンクスの句もそうですが、良い意味で「とてもぞくぞくする」洗練された句ですね。折り鶴の残像が読み手に残り素敵です!
長くなってしまいすみません。
いつもありがとうございます😊

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「藤棚の下にどこでもドアがある」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃再訪です。
「が」ではなくて「は」ですかね。🤔うーむ。
・藤棚の下に「どこでもドア」はある
うーむ。“神がいる“ではなくて“神はいる“ですからね。難解になってきました〜^_^。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「藤棚の下にどこでもドアがある」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

花冷コメントありがとうございました
近くのチューブのからしは
ひらがなだったのでつい(笑)
辛子の方が確かに
辛そうですね。
遅れましたがポスト
初級から2連続中級並選
おめでとうございます

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「藤棚の下にどこでもドアがある」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

再訪です
勉強不足のため漱石先生の句は
知らなったのですが
陽炎立つ、好きになりました。
いすれ、どこかで詠んでみたいと思います

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「藤棚の下にどこでもドアがある」の批評

回答者 くまた

句の評価:
★★★★★

宮武様初めまして。
母の日の添削ありがとうございます。
夫の方が良いのですね。勉強になりました。

藤棚にどこでもドアがあったら良いですね〜。
色々な藤棚を見て周りたいですね。
また、よろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、くまたさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

絵日記は真っ白のまま天の川

作者名 ハオニー 回答数 : 8

投稿日時:

明けの月戦の国を照らしけり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

一つだけ残す暦や年の末

作者名 佐渡 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『藤棚の下にどこでもドアがある』 作者: 宮武桜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ