俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初孫の知らせ友より白木蓮

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

布施明はシクラメンと言いましたが、白木蓮もなかなか。

最新の添削

「初孫の知らせ友より白木蓮」の批評

回答者 ちよ

かこさま
桜冷えにコメントくださってありがとうございました。
用語ごが近すぎましたこと、勉強いたします。
これからも宜しくお願い致します!

お孫さんの誕生はうれしいですね。
パソコンが上手く出来ないのですみません。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちよさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初孫の知らせ友より白木蓮」の批評

回答者 秋雄

句の評価:
★★★★★

「教室が最終最後初花や」の秋雄です。
かこさんの「初桜これが最後の教室だ」
なんか男らしいし、いさぎいいですね。
またよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、秋雄さんの俳句の感想を書いてください >>

「初孫の知らせ友より白木蓮」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今日は。
目の中に入れても痛くないほど可愛いのが初孫ですね。顔の表示や手足の動きが初初しく例えようがない、それが、白木蓮の心情ですね。
勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「初孫の知らせ友より白木蓮」の批評

回答者 くまた

句の評価:
★★★★★

かこ様こんにちは。
いつもありがとうございます。
雨粒の句への丁寧な説明ありがたいです。
私なりに整理して頭に入れたいと思います。

初孫のお知らせ、嬉しいですよね。
布施明のシクラメン。同じ年くらいかなぁ(笑)

点数: 1

添削のお礼として、くまたさんの俳句の感想を書いてください >>

「初孫の知らせ友より白木蓮」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

おはようございます🌞
先日は、拙句「入学」への添削ありがとうございました。
当該句、作ることできました。
お礼遅れてすみません。
また、今後ともご指導よろしくお願いします。
昨日、布施明の「シクラメン」聞きました^_^(本当)
また、以前、ちあきなおみの「喝采」よく聞いてました。
ご存じで、、
このあたりでやめておきましょう^_^
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「初孫の知らせ友より白木蓮」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

こんにちは😊
いつもお世話になっております。
「ぶらんこ」の句にコメントありがとうございます。季重なりでしたね😅
教えて頂きありがとうございます。
春の雲の下五を変えてみました。

・ぶらんこの子の背を押すや緩緩と
落ちないように危なくないように
「ゆるゆると」押しています。
これからもよろしくお願い致します😊

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「初孫の知らせ友より白木蓮」の批評

回答者 文室七星

句の評価:
★★★★★

はじめまして「春驟雨」の句で「雨」と「濡れ」で他の季語とのご指摘ありがとうございます。
上五に「花どきの」と置くことを考えています。

下五の「白木蓮」までの流れがスムースで、勉強になります。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、文室七星さんの俳句の感想を書いてください >>

「初孫の知らせ友より白木蓮」の批評

回答者 文室七星

句の評価:
★★★★★

「野菜切り刻む~菜種梅雨」の添削ありがとうございます。
ご指摘と提示された句を踏まえて、よく考えてみることにいたします。
しっかりと細かいところまで見ていく必要があるのですね。
ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、文室七星さんの俳句の感想を書いてください >>

「初孫の知らせ友より白木蓮」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

かこさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
そうですか。切れを入れた方がいいですか。
ありがとうございます。
御句
提案句です。
・初孫と喜ぶ友や白木蓮
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「初孫の知らせ友より白木蓮」の批評

回答者 くまた

句の評価:
★★★★★

かこ様こんばんは。
古里の句への添削ありがとうございました。

そうかぁ。こんなにもシンプルに詠めたのですね。
そこで、菜種梅雨ふるさとの香 下五「りを運ぶ」と言う方法があるのですね。勉強になりました。

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、くまたさんの俳句の感想を書いてください >>

「初孫の知らせ友より白木蓮」の批評

回答者 くまた

句の評価:
★★★★★

かこ様こんばんは。
古里の句への添削ありがとうございました。

そうかぁ。こんなにもシンプルに詠めたのですね。
そこで、菜種梅雨ふるさとの香 下五「りを運ぶ」と言う方法があるのですね。勉強になりました。

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、くまたさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

掻き毟る脚の血肉や冬の山

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

夏休み母の予定ばつだらけ

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

火の用心吠え出す犬や子らの声

作者名 そうり 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初孫の知らせ友より白木蓮』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ