俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

銭湯の帰路に燈灯のおでんかな

作者 ドキ子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供の頃に風呂釜が壊れて、銭湯に足を運んでいたときがありました。
寒いのでおでん屋さんの前に差し掛かると、無性に食べたくなりました。
たまに母が買ってくれました。とても美味しかった記憶があります。
よろしくお願いしますm(_ _)m

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「銭湯の帰路に燈灯のおでんかな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

◆「燈灯」なんと読むのでしょうか?
 「ともしび」と読むと中八の字余り。
 「あかり」と読むなら、こんな熟語を使わない方が良い気が・・
◆「銭湯の帰路に」という部分が状況説明になっているように感じます。
 せめて「銭湯の帰路の」として散文の「に」をやめておきたいところです。

・銭湯の帰路のおでんのかをりかな

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「銭湯の帰路に燈灯のおでんかな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

わたしも匂いや音だな!と思いました。一方で、かぬまっこさんの、ねだる、で他の人物や光景を広げる感じは、リアリティがありますね。さすがです。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「銭湯の帰路に燈灯のおでんかな」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

マサトさん!こんにちは!
いつもお世話になっております。
イサクさんのいう燈灯は(あかり)と読んで欲しいと?まったく例がないわけではありません。「例(わたしは手に燈灯(あかり)をもつて)萩原朔太郎・月に吠える」
使うとしたら普通の灯(あかり)で良いと思います。
提灯をイメージしたのかな?
いたずらにあて字のような言葉使わないようにと本に書いてありました。
初心者の私も気を付けたいところです。
匂い、ねだる、両方いいですね。(臭覚、連想)
「に」の助詞は文章がそこで終わり、「の」の助詞だと文章が続く含みがでるから読みては想像が膨らみますね。
香だけではものたりないから食べていきましょう。(笑)
提案句です。
・銭湯の帰路の母とのおでんのかな
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

街灯に浮かぶ子猫の背中かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

ぱぴぷぺぽパンツぴちりと決め日傘

作者名 負乗 回答数 : 8

投稿日時:

街頭のピアノはショパン雪舞へり

作者名 あらちゃん 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『銭湯の帰路に燈灯のおでんかな』 作者: ドキ子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ