俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

値の下がる親子どんぶり春の宵

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

親子どんぶり値下げ、話を聞くだけでもほんわか。

最新の添削

「値の下がる親子どんぶり春の宵」の批評

回答者 エイジちゃん

こんばんは。
「花過ぎ」の句のコメント、添削ありがとうございます。
貴重な気づきをご教示いただきまして、感謝いたします。
詩情を読み手と共有、共感できる句の詠める日を夢みております。

あなたの様の句。
「値の下がる」は意図しない自然な言い回しになりましょうか。今回の値下げは企業の販売戦略として、意図してなされたようですから、「値を下げる」かと。
 季語は、親子どんぶりと近い感じもありますが、「みつば」としました。
・みつば添え値段下げたる親子丼
と詠みました。
正直、かなり苦戦して詠んでおります🥹
宜しくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「値の下がる親子どんぶり春の宵」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

こま爺様、こんにちは🙂
提案句、有り難うございます🙇
「蝶舞ひて女に重さなかりけり」
ずっと良いです。
私など、まあ、言わば"せんずりボーイ"なので、性的幻想は作句の重要なテーマの一つです。
類型的でない線を狙いたいですね😉

御句、ほんわか"で良いですが、「春の宵」でなくても良いのでは…
季語が端的に、動きますね😉

また、宜しくお願いします🙇

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

姉帰る沖縄からの夏土産

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

歩く幅人それぞれの初詣

作者名 ももぱぱ 回答数 : 3

投稿日時:

古暦成し得たるもの何も無し

作者名 鉄道員 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『値の下がる親子どんぶり春の宵』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ