俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

家事の手のつと止まりたる日向ぼこ

作者 登盛満  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こちらのサイトへはなかなかお邪魔出来ない幽霊部員?でしたが、俳筋力を鍛錬したく、このところ積極的に出席させていただいている登盛満です。
お題「日向ぼこ」を考えておりましたら、
今日はとてもお天気が良くてポカポカ陽気で、窓を開けてあちこちお掃除に勤しんでいたのですが、ついつい休みがちに日向ぼこしていた事を思って、、、
初読の句があったのですが、ちゃあきさんの挙句に酷似でしたので、詠みなおしてみました。よろしくお願いします。

最新の添削

「家事の手のつと止まりたる日向ぼこ」の批評

回答者 友也

登盛満さんの俳句を拝読しました。
情景が浮かんで、参考にしたいと思いました!

この句は本当にいい句ですね。何も大袈裟なことを言ってなくて、日常のありふれた光景を切り取っているだけですが、詩情あふれるいい句だと思います。

清水寺の句の添削をありがとうございました。ライトアップと書かないとわからないですよね。夏井先生に怒られますね。げばげばさんの「清水の舞台灯るや冬もみぢ」とすれば、ライトアップと書かなくてもそうだとわかるのでいいなと思いました。

次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「家事の手のつと止まりたる日向ぼこ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。というか前句。「庭掃除少し端折って日向ぼこ」めちゃくちゃいいですね。
景も立つ上に、「はしょる」という言葉に日向ぼこの魅力と詠み手のかわいらしさとがふんだんに入っています。「とまる」よりも心情的なのですが、その分説明感がうすれて楽しい句になります。「はしょる」は庭掃除もいやじゃないんだけど、冬の日がきもちよすぎてはっしょちゃうぜ、という雰囲気。ニュアンスですいません。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「家事の手のつと止まりたる日向ぼこ」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

登盛満さま

いつもお世話になります。
黄落の句にコメント有難うございます。
ご心配をおかけ致しました。
客観視に見れば、まさに登盛満様の言うとおり。

ご心配をおかけしないような句を作りたいと思います。

また、どうぞ宜しくお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「家事の手のつと止まりたる日向ぼこ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

登盛満さん、こんにちは。
なおじい戻りました(笑)。よろしくお願いします。
さて御句拝読しました。私はちゃあきさんの句へのコメントにある、「庭掃除少し端折って日向ぼこ」のほうが好きです。でも、ちゃあきさんのあの句が先にあったらちょっと出せないですね(笑)。

庭掃除と掲句の違いは、「庭掃除」のほうは何とかして日向ぼっこをしようとする意思が感じられます。
掲句は、そうでなく、家事をしていて、続けなくてはいけないのに、つと手が止まって日向ぼっこをしてしまう、という句で、日向ぼっこへの強い意思(笑)は感じられません。

・家事合い間つと手を止めて日向ぼこ

これだと、家事の合間に少しでも時間を見つけて日向ぼっこをしようという様子がみえると思いますが。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「家事の手のつと止まりたる日向ぼこ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「庭掃除少し端折って日向ぼこ」の方が映像が立ってますね!・・・というのは「家事」だけでは映像が少し曖昧だからかな?と思いました。

日向ぼっこは自分の意志でするものだと思いますので、「止まりたる」よりもっとよさそうな(面白そうな)日本語がありそうな。
大げさすぎるのは逆に笑えないのでダメですけど・・・

・家事の手を止めざるをえず日向ぼこ

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「家事の手のつと止まりたる日向ぼこ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

登盛満さん、おはようございます。いつもありがとうございます。
どうもコメントがしずらいですね。(^^ゞ 俳句ポスト「夏の海」では中級以上に初めて出して、類想の月曜日だったので、類想って言葉にビクッとしますけど・・・
御句。元の句の「少し端折って」という措辞が好きですね。僕の「ほつたらかして」という大雑把なものより、ずっと良いです。詠み直しの掲句はちょっと理屈っぽくなってしまった感があるかもしれませんね。
ご迷惑をお掛けしてすみませんでした。またよろしくお願いします。
 

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「家事の手のつと止まりたる日向ぼこ」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

登盛満さん、こんにちは。
婆ばの糸通しの句へのコメントありがとうございます。

まだ俳句を初めて2週間、その難しさや奥の深さを感じております。
いま、心がけていることは、まず詠んだ景観・状況を読み手に正しく伝えようって
ことです。最初はぶっ飛びすぎていて読み手の想像を超えた自分のポエムの世界に
酔っていたような感じでした。
ただ、正しく伝えようとし過ぎると説明文になってしまうんですよね(^^;)。
本当に難しいです。

次に素人の率直な感想ですが登盛満さんの句、良いですね(*^-^*)。
なにが良いかって、言葉選びが・・・。
”端折って”、登盛満さんのお茶目な可愛い部分がこの言葉だけで十分に伝わってきましたよ。
もう一つの”つと”こちらの家事は洗い物を連想しました。作者が同じことを知っているので『ちょっと休憩っ!』って感じですよね。よく二音でそれを伝えていると思いました。

大変参考になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「家事の手のつと止まりたる日向ぼこ」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

登盛満様

いつもご丁寧な温かいコメント有難うございます。
ほんとにこちらのサイトでは、皆様に勉強させて頂いていす。
登盛満様には、もったいないくらいのお言葉を頂いて恐縮です。
もっともっと勉強しないとと思います。
確かにご指摘通り安易な中七のやだったと!

御句、俳句させて頂きました。
私もあるあるの光景です。
家事はしなければいけないのですが
端折って済ませ自分の好きななことに時間を使いたいですし
お天気が良ければ、日向でボーとしたいです。
気持ち良いですよねー

また、どうぞ宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「家事の手のつと止まりたる日向ぼこ」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

登盛満さん!おはようございます。
いつもお世話になっております。私よりお姉様でしたか。
俳句でも人生においても先輩ですね。よろしくお願いいたします。
秒針のコメントありがとうございます。私の思いを分かっていただきありがとうございます。「浅読み、申し訳ありません。」などととんでもありません。さすがお姉様です。
郁爺さんもコメントに書いておられるようにあと何年と思う事が多くなりました。
後と考えずにまだと考えるよう前向きに俳句などを楽しみながら充実した日々をすごしたと思います。
前置きが長くなりました。
御句
とても良い句と思います。
私も台所仕事などの家事をやりますのでつと手の止まる時はあります。
今晩は何作ろうか?次にあれを片付けないとか?俳句を思いついたとか?
よくわかります。勉強になりました。

これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「家事の手のつと止まりたる日向ぼこ」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

登盛満さん!こんばんは!
いつもお世話になっております。わざわざご手丁寧に恐れに入ります。
女性の方にお年を公開させて申し訳ありませんでした。
道場のおかえせきさんが女性が少ないと嘆いておられていたので登盛満さんと仰る私よりお姉様がおられる言ってしまいました。
訂正をいれておきます。
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「家事の手のつと止まりたる日向ぼこ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

登盛満さん、こんばんは。拙句「雪蛍」にご意見ありがとうございました。もっとよく見てみたくて、両手でそっと包み込むようにして捕ろうとしたのですが、ふんわりと躱されたというそれだけなんですが、僕としてはそんな些細なことが面白く感じられたので詠んでみました。読み手側としての面白味は薄いでしょうね。ご提案句はとても参考になりました。またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雪女無人駅より乗車せり

作者名 そうり 回答数 : 6

投稿日時:

家の中息子とふたり春日傘

作者名 苧麻 回答数 : 3

投稿日時:

行く春と母の肩にはショールかな

作者名 豆柴 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『家事の手のつと止まりたる日向ぼこ』 作者: 登盛満
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ