俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

七五三母は白髪を染めてをり

作者 鈴屋いるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

11/15にちなんで詠んでみました
三歳の時には綿白髪というかつらを子供に被せて長寿を願うみたいですね
ただ、昨今は長生きするだけではなく健康寿命なりQoL(人生の質)であったりと大変な世の中になったものです

前句「グリューワイン」へのコメントありがとうございました
や切れは正直迷ったのですが型にこだわりすぎましたね
確かにモノみっつですしランタン→星→ワインと視線が忙しすぎるといわれて気付きました
日々勉強させていただいています

最新の添削

「七五三母は白髪を染めてをり」の批評

回答者 葉月庵郁斗

還暦句コメントありがとうございました
ただ還暦、感嘆符、寒の晴と韻を踏みたかった
だけでした(笑)
御句
なおじい改め直次郎様と同じくですが
俳句は基本詠み手が自分なので
母は七五三の子供からみておばちゃんの事と
考えました。
第三者の七五三の母を詠んだとしたら
すでに髪を染めた状態できているので
白髪がどうかはわからないし?
感想だけで終わって申し訳ありませんが
七五三行事の由来
勉強になりました
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「七五三母は白髪を染めてをり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

鈴屋いるかさん、こんにちは。
拙句に励ましのコメント有難うございました!
さて御句拝読しました。私はちょっと悩みました。というのは、「母」をどうとらえたらいいかです。
これって普通に読めば、七五三の子供の母親ですよね。そうすると、まだあまり白髪を気にする年齢ではないような。
一方、祖母だとすればすごく納得感があります。ただ、勝手におばあちゃんのことだと思っていいのか、いくら想像は自由と言っても…。

御句を、孫の七五三について行く祖母の嬉しさを表す句だと明確にするには…

・姑の白髪染めたり七五三

うーん、自信なし。ごめんなさい。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「七五三母は白髪を染めてをり」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

鈴屋いるかさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
黒雲のコメントありがとうございました。
散歩に出かけ黒い雲ゆっくり動く様子を詠んでみました。
御句
七五三は子供長寿を願って白髪の増えるまで長生きをしてほしいという親の願いを込めた行事だったですね。勉強になりました。
白髪を入れることでその風習を詠みたいと思われたのかな?
提案句です。
若白髪なら若いおかあさんもありそうですね。
・七五三わかしらが染め母きれい
・若白髪染めたる母や七五三
しらがをはずして
・七五三髪染め母の薄化粧
これでどうかな?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「七五三母は白髪を染めてをり」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

鈴屋さん、おはようございます。

七対子の句へのコメントありがとうございます。
私も読んでから気が付いたのですが確かに七対子には言葉の強さが
あるんですよね。
ひょっとしたら大三元や四暗単騎にも勝るくらいの(笑)。

さて、七五三の句ですが
私の解釈(妄想)では、この母親は長いこと子宝に恵まれず、
遅くになってからやっと授かったお子さんとのお参りを浮かべました。
多分、白髪染めも自分のためでなく、この子のお祝いのためにしたような
気がして、強い愛情すらも感じ取ることができました。
たいへん良い句だと思います。

解釈があっているかは別として17音でここまで想像させる。
俳句って本当に素晴らしいですよね。今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

出窓には金木製の触れゐたり

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

春を祝ぐ巫女振る鈴を高く上げ

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

春暁や両手に有り余る仔犬

作者名 四条虎 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『七五三母は白髪を染めてをり』 作者: 鈴屋いるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ