俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寒林やゆつくりとゆく黒い雲

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

林も寒々としてきた。空には黒い雲の流れる冬。

最新の添削

「寒林やゆつくりとゆく黒い雲」の批評

回答者 マサト

水仙の句の添削ありがとうございます。
コメントの通りの句意です。分かっていただけてとても嬉しく思います!
提案句はとても勉強になります。
特に「母の香り」に余韻を感じます。

御句の感想です。
とても良い句だと思います。
ぱっと詠んだだけで景色が浮かんきます。
雨の予感もあり、雲の動きに時間経過も読み取れます。
このような句をいつか詠みたいと思います。勉強になります。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、マサトさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寒林やゆつくりとゆく黒い雲」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます
季語と中七下五の取り合わせで
光景はバッチリわかりますね。
強いて言えばですが
中七~雲の説明になっているので
季語が1に対して雲が2の割合になっている
季語が立っているか?の疑問です
感覚で言ってすいません。
でもそのままいただきます。

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「寒林やゆつくりとゆく黒い雲」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、こんにちは

御句、冬の重苦しい雰囲気が良く感じられます
一瞬ゆっくりがあればゆくがいらないかとも思いましたが、稼いだ語数よりも韻の方が効果的ですね
このままいただきます
今後ともよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒林やゆつくりとゆく黒い雲」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん。
おはようございます、今日もよろしくお願い致します。

数年前に冬の弥彦に初もうで&温泉目的で家族旅行に行った時のことを
思い出しました。
ほとんど雪の降らない地方の者にとって、真っ黒な雲がゆっくりと迫ってくる姿には
軽い恐怖すら感じたものです。

その情景が見事に表されていると思います。
また、”ゆっくりとゆく”、音のリズムからもゆっくり感が得られますし
韻も良いですね。
寒林との取り合わせも絶妙ですし、何よりも初心者が読んでも全てが伝わって
くることが私にとっては加点ポイントか(笑)。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒林やゆつくりとゆく黒い雲」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

再訪です
コメントありがとうございました
前のコメントで38年生まれって
言っちゃってるので
年齢詐称をしてはいけませんね(笑)
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「寒林やゆつくりとゆく黒い雲」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、再訪です。
七対子へのコメントありがとうございます。

待ちは白にするか北にしようか悩んだんですけどねぇ。
北は生牌、白は場に2枚切られたドラ待ちになります。
そんな時に立直の後押しをしてくれたのが、外の雪って
とこですかね(笑)。

ところで句とは別に伺いたいのですが、ここで投句した俳句
他のところに投稿してはいけないのですかね。
実はわたくし地元の地方新聞に先月から投稿しているのですが
まずいですかね?。
新聞にはその旨の記載はありませんし、投稿した句を全員載せて
くれるようなコーナーで表彰も賞品もございません。

佐渡の爺さんにお伺いするのもへんな話とは思いますが、ベテランの方の
ご意見をお伺いしたくてm(__)m。
ちなみに添削して頂いた句は、すでにオリジナルではないのでやめようと
思っているのですが・・・。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒林やゆつくりとゆく黒い雲」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、既発表の御相談に回答頂きまして有難うございます。
何をやるにも初めてで分からない事ばかりなので助かります。
当面の間は、自分なりの自信作もこちら優先にしたいと思います。
諸先輩方の御意見を聞いた方が上達への早道だと思っておりますので。

麻雀のほうは今局は流局、白は切ってくれないみたいなんで、待ちを変えて
出直します(笑)。

今後ともよろしくお願い致します。取り急ぎお礼まで。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

熱燗や舌も千鳥になるほどに

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

シヨツピングカートいつぱいの夜長を

作者名 げばげば 回答数 : 14

投稿日時:

出目金の泳ぐがごとし遠花火

作者名 uta 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寒林やゆつくりとゆく黒い雲』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ