俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

生垣の陰より匂ふ焚火かな

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今は都会ではこんなことは少なくなりました。

最新の添削

「生垣の陰より匂ふ焚火かな」の批評

回答者 優子

佐渡の爺様
垣根の垣根の曲がり角〜という歌が聞こえてきそうな、素敵な句ですね。それから添削もありがとうございます。励みになります。また、宜しくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「生垣の陰より匂ふ焚火かな」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さま

いつも有難うございます。
炎を見ていて一瞬、無心になっていたことを
思い出し詠んでみました。
確かに音だけがパチパチと響いていましたね!
ご提案句有難うございます。

御句、拝読させて頂きました。
調べが良くすんなり入ってくる佳い句ですね。気がつきませんでしたが
なるほど!イサク様のコメントを拝見し
「垣根の垣根の曲がり角」なんですねー

また、どうぞ宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「生垣の陰より匂ふ焚火かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。いいですねえ。目には見えねども、焚き火を感じる。これが詩的ですねえ。
毎日毎日散歩しては感じたことを句にされてるだけありますね。
そしてすべてを説明せずに、それ以外のことは読み手に想像さえることも意識されてる!いただきます!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「生垣の陰より匂ふ焚火かな」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

情景とともに煙の匂いまで感じることが出来ました。
これが良い句と言うものなんですね。

いさくさんの書かれている通り、私も童謡を思い浮かべました。
しかし、童謡の歌詞と被ることなく作りこむのも技術なんですね。
勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「生垣の陰より匂ふ焚火かな」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、こんにちは。
彼岸花の句にコメント頂きましてありがとうございます。

・兄弟の実家で衆議冬の霧
すごく良いですね!。
兄弟の実家と言うフレーズで皆、実家を出てしまったことが
伝わりますね。
衆議もも短い言葉で話し合いの感じが出ていますし、
最後の冬の霧、集まって話したものの結論は出なかった様子が
霧という単語ひとつで漂ってますね。

十七音でこれだけ表せるんですね。勉強になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「生垣の陰より匂ふ焚火かな」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございました
佐渡爺様の自然に対する観察力
素晴らしいのひと言です。
匂いで焚き火
わかります~。
イサク様の「童謡」のコメントに
あとからじわじわ笑えてきました(笑)
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「生垣の陰より匂ふ焚火かな」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

木枯の句の添削ありがとうございます。
春や夏でも通じてしまう句でした。
提案句はとても勉強になります。

御句の感想です。
とても良い句だと思います。
光景が見えます。それに匂いも感じます。
焼き芋を焼いていたりして…と想像しました。何だか楽しくなりますね。

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「生垣の陰より匂ふ焚火かな」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、こんばんは。「ブロッコリィ」の拙句へ御意見ありがとうございました。
 御句。生垣はまだ近所に残っていますが、子供の頃はたくさんありました。焚火の匂いに情緒を感じる良い句だと思います。またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「生垣の陰より匂ふ焚火かな」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺様
垣根の垣根の曲がり角〜という歌が聞こえてきそうな、素敵な句ですね。それから添削もありがとうございます。励みになります。また、宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

そのために釜を買ひたり今年米

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

花冷えや玉子サンドに練りからし

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 4

投稿日時:

夕花野プロペラヘリの微振動

作者名 げばげば 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『生垣の陰より匂ふ焚火かな』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ