俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蔦かづら聖廃墟めく発電所

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

記念日俳句、10/25は「産業観光の日」。

Wikipediaの「産業観光」のページにある「主な産業観光施設」として列挙された中に、四国の施設は0件…。しかし、四国に産業がないわけではないのです。
愛媛にある別子銅山跡地施設「マイントピア別子」(私自身はまだ実際に行ったことはないが)の公式サイトにある、レンガ造の遺構の写真を眺めながら練習作。

私が今まであまり使っていない言葉だからか、「めく」が何かわざとらしい気も…。
(「めく」は、兼題「朧」のときに「朧めく」一句を投句し、選外だったきり)

最新の添削

「蔦かづら聖廃墟めく発電所」の批評

回答者 つちや郷里

長谷機械児さんこんにちは。

私は無駄に向上心が高いのか、欲深いだけなのか、「次回はもっと上に」というのはがめつかったですね汗
反省します。

御句
「聖廃墟めく発電所」というフレーズは非常に魅力的ですが、いるかさんやイサクさんのおっしゃったことも一理あると思います。
東平という情報がほしいですが、このフレーズも捨てがたいですね。
いるかさんの添削例に一票で。

またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蔦かづら聖廃墟めく発電所」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

長谷機械児さん、こんにちは。
御句拝読しました。
これはいい句です。私は好きです、光景が鮮やかに浮かびますし、色々な想像が沸き上がります。
私は低山中心ですが山歩きをするのですが、そんな時にふっとこんな光景にぶつかります。
廃校、工場、発電所の時もありました。「蔦かづら」「聖」どちらも効果的です。「めく」は私は苦手ですが、「ときめく」「秋めく」と思えば受け入れられます(笑)。
このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

聖廃墟めく東平や蔦かづら

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

長谷機械児さん、こんにちは
私も参考までにマイントピア別子の画像を見てみました
確かにこれは荘厳な史跡ですね、、!

御句につきましては少し気になったのが画像を見た後では納得なのですが
見る前だとあの荘厳なイメージを発電所だけで想像し辛い点でしょうか
いっそのこと知る人ぞ知る形で地名を入れてみてはどうかと思いました
今後ともよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「蔦かづら聖廃墟めく発電所」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

いるか様の言う「説明を見るまで風景が想像しにくい」が言い得ているかと思いました。

個人的には、二段切れが気になります。切れすぎて見えますね。
上五をモノの名詞切れではなく、四音季語+「や」だったり、天文・時候・行事などの下五にぶつからない季語にしたいです。

・秋澄むや聖廃墟めく発電所

ちなみに
別子銅山について。
東平ならば、私も俳句に詠んだことがあります。
句作初めて二か月未満のころ・・・
今ほどではないですが多作多捨していたので、句自体は五十句以上あるようですが、今となっては人前に出せそうなのはほとんどなく。

私もあの「東洋のマチュピチュ」を比喩で表現しようといろいろ考えていたのですが、当時の結論は「私の比喩では伝わらない」でした。

・東平の貯鉱庫百年の蜘蛛囲  (2021年1月初旬の頃の作)

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「蔦かづら聖廃墟めく発電所」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

長谷様

芒の句にコメント有難うございます。
確かに「芒の穂/右に左に分離帯」だと訳がわからずで
勉強になります。
げばげば様のご指摘通り山本山です(^^;

御句。私にはしみじみもの悲しさが伝わって来ました。
近所で蔦が覆い尽くす家を見で感じていることです。
それが発電所だとさらに…
また、どうぞよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

そのために釜を買ひたり今年米

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

やうやうに林檎の芽吹く伊那の丘

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

ぴちぴちの桃こそ投げめ節替り

作者名 負乗 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蔦かづら聖廃墟めく発電所』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ