俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

音もなく季節うつろふ秋時雨

作者 森本可南  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季節は、少しづつ、変わってゆく。

最新の添削

「音もなく季節うつろふ秋時雨」の批評

回答者 ドキ子

夜寒の句の添削ありがとうございます。
ご指摘の通り、無理に言葉を型に入れたので違和感があったと思います(汗)
勉強するのみです。

御句の感想です。
良い句だと思います。
知らぬ間に季節は変わって行きますね。
その寂しさが伝わってきますよ。

コメント読みました。
どんな人でも誰かの一番の人であると私は思っています。御自分を卑下なさらないで下さい。
あなたには素敵な感性があるのですよ。私はそう思います。
おだてているのではありません。
ご自身を大切になさって下さいね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「音もなく季節うつろふ秋時雨」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

くちぐせの句にコメントありがとうございます、重ねてもいいですね~
初めましてじゃないですよ!
赤まんまの俳句にお邪魔しています
ご覧になって下さい。(その前も?)
気持ち分かります、本当にいつのまにか季節は変わっていますね~
歳をとって時間が速く過ぎるのかもしれませんが…
と言いつつ最近は春、秋が短く二期
になったようにも感じますが…

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「音もなく季節うつろふ秋時雨」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

鷹司晶子さん、こんにちは。
御句拝読しました。人生の無常を感じるような深さがありますね。

ただ、語順としては、次のようになさったほうがいいかとも思いました。

・音もなくうつろふ季節秋時雨

そもそも、季節というものは音を立てて変わるものではないので、「音もなく」という上五には多少考えるところがあるのです。
しかし、他の季節の移行(冬から春、春から夏、夏から秋)に比べると、秋から冬への移り変わりは静かですよね。それが、晩秋の季語の「秋時雨」とうまく合っていると思います。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「音もなく季節うつろふ秋時雨」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

鷹司晶子さん!こんにちは!
ひさびさのコメントありがとうございます。
勉強になります。

御句
良いと思います。
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

突としてヘリ疾走の師走かな

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

雨粒を溢さぬように花菖蒲

作者名 やす 回答数 : 3

投稿日時:

コップ手に眺める薬缶秋思かな

作者名 いくたドロップ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『音もなく季節うつろふ秋時雨』 作者: 森本可南
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ