俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雀蛤になるや兎の走る海

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語は「雀蛤になる」七十二候の一つで、ちょうど今ごろ。載っていない歳時記もあるみたいです。ご意見お願い致します。

最新の添削

「雀蛤になるや兎の走る海」の批評

回答者 森本可南

もしかしたら、白兎海岸でしょうか?私、実際、行って、白い貝殻拾ったことがあるんです。
あの思い出は、忘れられません。

御句は、とても、難しい句ですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雀蛤になるや兎の走る海」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは。

御句について。

「兎の走る海」と、そんな物珍しい光景を見た(海岸を兎が疾走したというだけでも、なかなか見ない景色ではあります)ということなのか、因幡の白兎のような言い伝えのある海ということなのか。

どちらにしても、雀・蛤に加えて兎も登場させると、動物多すぎで煩く感じるので、前者(兎の走る海が実景)ならば季語を変え、後者(そういう言い伝え)ならば兎を消してもよさそう、と思いました。

後者で、「神話の島ならば、雀が蛤になるなんてこともあるだろうか」といった解釈のうえで、私としてはこの兎は因幡の白兎のことであると決めつけて、舞台の島の固有名詞に置き換え、

 雀蛤とならんや隠岐の島

今後ともよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「雀蛤になるや兎の走る海」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、「ロードバイク」句へのコメントありがとうございました
季語の本意から言うと「行く秋」の方が適切でしたね、、
「果て」という言葉がロードバイクが向かっていく感覚と合っていましたが、ちょっと言葉遊びなだけで「秋の終わり」としては少し意味がそれてました

なお、本句ですが季語が難しいうえに兎の登場意図が良く分からずコメントできそうになくすみません、、、
雀蛤のような故事からきてたりするのでしょうか、、、?
まずはコメントのお礼だけでも

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「雀蛤になるや兎の走る海」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは。
御句拝読しました。「雀蛤になる」、こういう季語歳時記でよく目にしますが、私にはちょっとハードルが高いです。
音数勘定や開き方も独特のようですね。

御句は、晩秋の因幡地方の海岸を訪れた際に、あまりに静かなので、その光景をこのようにお読みになったのかと思いました。

このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒影やパチンコ店を目印に

作者名 富井 回答数 : 3

投稿日時:

春過ぎて僕の責任禍霊夢へ

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

くれないの皮目旨しや金目鯛

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雀蛤になるや兎の走る海』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ