俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

いたいけに雨のしずくの四葩かな

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いたいけに(いじらしい)

最新の添削

「いたいけに雨のしずくの四葩かな」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

できている句だと思うのですが、二点。

◆上五「いたいけに」とあるので雨の中の風景と判断しました。
 「雨」の中で「しずく」と言うのが、若干しつこい感じがしました。
 「雨のしずくの四葩」 → 「雨の四葩」と、「しずく」を省略したら、風景は変わってしまいますか?
 もし仮に「雨上がりに残っているしずく」のことを言いたいのでしたら、「しずく」はあってよいですが「雨」は回避ですね。

◆で、上五「いたいけに」の部分。
 この句のままなら生かせていると思います(生かせている理由は、連用形で使っていて後ろにあるべき用言が省略されておりほにゃらら・・と推測してますが正解の自信がないので割愛)。
 もし他の部分を変えた時、「いたいけな(いじらしい)」は作者の感想なので、句の答えになってしまう可能性があるかと思います。ご注意を。

・いたいけに小径の雨の四葩かな

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

軒先に子雀走り窓に猫

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

寄り道を邪魔する春の雨が嫌

作者名 鳥田政宗 回答数 : 2

投稿日時:

朝霧女性の多様否定の影

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『いたいけに雨のしずくの四葩かな』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ