俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋寒しざらつく道に光る雨

作者  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ざらついたアスファルトに降る雨。街灯が反射して、道路を濡らす雨を光らせている様子です。

光る雨と響き合う様な洒落た季語を探しましたが断念。オーソドックスな季語にしてしまいました。。

最新の添削

「秋寒しざらつく道に光る雨」の批評

回答者 幸福来々

コメント失礼します。

秋寒の中、雨の中砂利道を歩いていたら、街頭があって(車が通りかかって)雨の輪郭が見えた。なんと寂しい夜道だ。
という風に読みました。

読みで迷うのが、光っているのは雨なのか、雨で濡れた(雨後の)道なのか。
ざらつく道とは何なのか。がわかりづらいかなと思いますので、アスファルトならアスファルトと書いたほうがいい気がしました。

添削と言うか、雨後のアスファルトが濡れていることを言うのであれば、という意味の提案句をおいていきます。

秋寒し煌めく雨後のアスファルト

すみません。
この提案句だと、句の雰囲気がわけわからなくなりますね^^;

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋寒しざらつく道に光る雨」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

大さん、こんにちは。

御句について。

「オーソドックスな季語」とコメントされていますが。オーソドックスかどうかよりも、中七下五と同じジャンルであることのほうが気になりました。季語が「寒い」という気候に対する感覚で、中七以下の描写の主役は「雨」という気象現象。別ジャンルの季語を当てるのが良いと思います。

たとえば、アスファルト舗装の道端に見かけそうな植物とか。

 白粉花(おしろい)やざらつく道に光る雨

今後ともよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋寒しざらつく道に光る雨」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

俳句の形としてはそれなりにできている句だと思います。
長谷様の言うとおり「寒い」と「(秋の)雨」の意味が近く感じるので、季語による説明っぽさは出てしまっているかと思います。

コメントを読むまで「街灯が反射して」とはわからず。
むしろ夜の風景だったことに驚きました。わざとそれを表現していないのでしょうか?

夜の風景とは全く思わずに、「秋なので、夜の景にしてもよさそうですね」として

・秋の夜やざらつく道に光る雨

という提案をしようとしていたので・・・

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

秋の灯やざらつく道の雨照らし

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

大さん、こんにちは

本句について私はご自身のおっしゃる通りオーソドックスな句となっており問題自体はないとは思います
ただ、機械児さんのコメントは更によくなるためのいわゆる配合についておっしゃられてますね
私はまだそこまでコメントできませんので、「光る」と響く季語として「秋の灯」はどうかと思いました
#雨が降って家の暖かさが恋しいイメージも元句と合わせて響くかと思いまして
#締めも光関係にしています
ご参考にどうぞ

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

コッヘルの底の泉の狂ほしき

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 13

投稿日時:

名月や極楽からの覗き穴

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

初暦吾子の入試日しるしたり

作者名 ヒロちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋寒しざらつく道に光る雨』 作者:
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ