俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

桃園で劉関張が盃交わす

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

劉備、関羽、張飛が劉備の地元の楼桑村(ろうろうそん)にある桃の花咲いてる場所で、義兄弟の契約を結んだ「桃園の誓い」のシーンを読んでみました。

最新の添削

「桃園で劉関張が盃交わす」の批評

回答者 かこ

正直言うと、意味がよく分からないです。三国志の1シーンそのままですね。カイ様の心の動きはどこなんでしょうか。

夏休みの読書感想文で最初から最後まであらすじを書いて出す子がいますがあんな感じです。

高校1年の夏休み、夢中になって吉川英治の三国志を読みました。食事以外はずっと読んでました。😃三日ぐらいで読破したかな。

夏休み夢に出て来る諸葛亮
夏の夜推しが決まらぬ三国志

これらは出来は良くないですが、それでも三国志に夢中な自分が少し入っていると思いますよ。

カイ様の体験と結びつけてみて下さい。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

東照宮祭たま砂利ふみて象かぞふ

作者名 鳥越暁 回答数 : 2

投稿日時:

多摩川の夕空虹鱒泳ぐ秋

作者名 さゆかりん 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

冬薔薇小庭に散りて舞きえて

作者名 森本可南 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『桃園で劉関張が盃交わす』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ