俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天邪鬼な木々後の衣更え

作者 鈴屋いるか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

実際は天邪鬼でも何でもないのですが
木々は葉っぱを暑い時に厚着して寒くなってきたら薄着になる
人とはこんなに違うものなのだなぁ、というおかしみを感じ詠んだ一句です

句としてもど真ん中で二つに分かれているので
これを句またがりと言っていいのかどうか心配ではあります、、

最新の添削

「天邪鬼な木々後の衣更え」の批評

回答者 ドキ子

梨の句の添削ありがとうございます。
褒めていただいてとても嬉しいです。励みになります。

御句の感想です。「後の衣替え」が季語なのですね。初めて知りました。意味も調べました。勉強になります。
確かにコメントのように木々は寒いときに葉っぱが落ちますね。矛盾しています。
発想が良いと思います。新しい感じです。
そう思って冬に木々を見ると何だか寒そうですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「天邪鬼な木々後の衣更え」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

いるかさん、おはようございます。
一人で本屋行けないんです。
電子書籍は、夫に、反対され。
新しい歳時記欲しいけど。
イライラ
ごめんなさい。ながながと。

さて、御句でありますが、天の邪鬼、コメント読んでわかりました。全体的に情景が浮かびづらいです。順番変えて言葉も変えてみましょうか?

後の更衣へそ曲がりな並木

並木が秋の季語になるなら、重なりますが、そうでないなら、なりたちます。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「天邪鬼な木々後の衣更え」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

いるか様
句またがりあまりよく知らないので、調べました。句の意味と句が、分かれていることをいうのですね?確かに夏は葉がいっぱい重なって暑そうですよね、人間と違いますね。
それから秋園の添削ありがとうございます。ギミック気味でしたか…。ギミック、わからなくて調べました💦💦また、宜しければ、添削や手直し句、コメント宜しくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「天邪鬼な木々後の衣更え」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

一読、何を言いたいのかわかりにくい句でした。
季語「後の更衣」は季語なのでよいとして、「天邪鬼な木々」とは・・・コメントを読むまでわかりませんでした。

「天邪鬼」が擬人化の比喩、さらに季語「(後の)更衣」を擬人化の比喩として使っており、俳句として芯がない感じになっているのではないかと思います。

「冬になると(寒くなると)服を脱ぐかのように落葉する木々は、天邪鬼だ」と言いたいのですね?
言いたいことの量がありすぎる上に、自分の感想がメインになってしまっているので、俳句十七音では難しいのではないかと・・・

・落葉す まるで服脱ぐかのやうに 冬の並木の天邪鬼たり

短歌レベルの音数で、やっと意味が全部入ります。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

庭先のしゃがんだ裾に美女桜

作者名 鳥越暁 回答数 : 8

投稿日時:

山暮れてやがて川暮れ風の盆

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

足疲労白増えていく枯れすすき

作者名 晴峯旬草 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天邪鬼な木々後の衣更え』 作者: 鈴屋いるか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ