俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

我もまた尺取虫や柾垣

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供の頃、お向いさんの家に柾の垣根があって、そこにはよく尺取虫がいました。近頃はまったく見かけなくなりましたが・・・ 仕事柄メジャーを携帯し様々なものを計っておりますので尺取虫みたいかなと思いました。よろしくお願いします。

最新の添削

「我もまた尺取虫や柾垣」の批評

回答者 げばげば

再訪です!
万葉集の防人歌に、
父母が頭かきなで幸くあれて言ひし言葉ぜ忘れかねつる
というのがあります。
さくあれ
と読み、無事でいてくれ、という意味なので、上五に使ってみました😆

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「我もまた尺取虫や柾垣」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

この句は難しいことをふたつやってまして
季語を比喩っぽく使っています。
 でも目の前の「柾垣」に「尺取虫」がいるという前提の映像が出せているので、大丈夫な感じです。
◆この形だと「柾垣」が強く出すぎてしまうので、「や」が強すぎるかなあ・・・切るなら「よ」ぐらいでどうでしょう?添削ではなく提案です。

・我もまた尺取虫よ柾垣
・我もまた尺取虫で柾垣

とはいえ狙っていたのならば、上手くやれていると思いました。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「我もまた尺取虫や柾垣」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

この場合の「も」はいいですねえ。尺取虫も柾垣も比喩としての登場のように思いつつ、目の前の庭の実景でもあるのですねえ。巧みなつくりですね。
わたしはしゃくとりむしなんだ、という独白。これはいいですねえええ。自分に振り切った句は、迫る力があります。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「我もまた尺取虫や柾垣」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。なかなか味わいの深い句ですね。
私は柾垣が季語かと思いました。しかし柾の花は三夏ですが柾だけではどうなのかなとちょっと自信がなかったです。
まさか尺取虫が季語?調べたら出てました。こちらですね。
コメントでは子供の頃の話ということですが、いま、柾の垣根に尺取り虫がいるのを見て、ご自分と重ねてお詠みになったということで、このままいただきます。

尺取り虫は身の丈に合わせて着実に前進します!素晴らしい!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

林檎食べ白雪姫の時止まる

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

阪神忌助け合うのよ常しえに

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

能登を訪ひ小さな地震や鳥渡る

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『我もまた尺取虫や柾垣』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ