俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

月明り波のかがやく由比ガ浜

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

中学の修学旅行で旅館の二階から見た光景で先生から一生忘れられない景色になると言われた。

最新の添削

「月明り波のかがやく由比ガ浜」の批評

回答者 優子

ジジイ様
素敵な句ですね。私は11月に母と大船へ一泊旅行します。鎌倉駅迄6分由比ヶ浜へは、電車で16分程。行ってみようかな。美味しいものを食べたり、景色を楽しみたいです。鶴岡八幡宮へもバスで18分。栗鼠がいると思うし、素敵なカフェもありそう。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「月明り波のかがやく由比ガ浜」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
拙句の仲直りの
するの動詞を入れた事で
主観的に自分の行動の報告になって
花言葉を知らないと作意がわからないかも?
御句光景はばっちり見えます。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「月明り波のかがやく由比ガ浜」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
拙句の仲直りの
するの動詞を入れた事で
主観的に自分の行動の報告になって
花言葉を知らないと作意がわからないかも?
御句光景はばっちり見えます。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「月明り波のかがやく由比ガ浜」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

さどじいさん。鎌倉だったんですねー、修学旅行。私は大阪人ですが、修学旅行は富士山麓と東京でした、結構ふんぱつしてくれたな。高校がまさかの長野のスキーの修学旅行。そんなことあります??( ´∀` )

さて、御句。光景はしっかり見えます。月に対して「かがやく」という言葉をどう見るかという意見もあると思います(季語に対してつきすぎの言葉である、月明かりだから輝くの因果があるなど)が、あえて置いていくという形のなくはないかと思います。ちょっとワードを替えてみました。「かがやく」「きらめく」「ゆれる」など使うの悩むワードが全部入っている動詞です。
月明り波のかがよふ由比ガ浜

実際は
秋の夜や波のかがやふ由比ガ浜
で切れも明確に置いて、「月は」とは書かずに「月が反射してるのかなあ」
と思わすずらし方等があるかも。

最近のお気に入りの季語は
鎌倉のかがよふ波よ夜長風

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

由比ガ浜の波に揺蕩う月明り

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

ジジイさん、はじめまして

私も季語の月明りと輝くが少し近いかな、と感じました
また、季語を主役にたてるよう語順を変えて一句詠んでみました
#愛あって由比ガ浜が主役の場合はすみません、、、

ただ、私のものもげばげばさんの言う通り波に近づいちゃってますね、、、

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「月明り波のかがやく由比ガ浜」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です!
自分ならどうするかなー、みたいな形でいろいろ書きますが、私の言葉は一意見ぐらいで聞いてくださいね。あーそうなんやー、くらいで!

句会ライブについて、コメントありがとうございました。ほんとに五分+トイレ時間くらいしかなくて焦りましたが、この道場で昔、卓鐘さんが作ってくれたしりとり俳句をやって即吟を鍛えてもらえてた分があって何とか特選に入れてもらえました。組長との会話にもわくわくできました。

トイレ休憩時間に夏井組長と兼光さんが選句していくスピードと真剣かつ、素敵な句を見つけたときの二人の笑顔がとても凛々しかったです。また佐渡じいさんの近くで開催されるときはぜひ行ってみてくださいねー!元気をもらえます。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「月明り波のかがやく由比ガ浜」の批評

回答者 しゅうこう

句の評価:
★★★★★

ジジイ様

コメント有難うございます!
季節は秋なのに、「滝」だったり「遍路道」が違う季節の季語で使えない…じゃあどうしようか? と考えるのも面白いのかもしれないです☺
今回は滝の「水しぶき」に焦点を当てたらどうかな?と考えてみました。
ご提案句の様に「川」と表現してもいいですね。具体的にどこの水が爆ぜているのかと描いた方が読み手には伝わりやすそうです。

御句、映像が浮かぶ句ですね。ただ、由比ヶ浜とくれば波が想像できますし、月明かりがあればかがやいているのも想像出来るので「波のかがやく」の語数をもう少し心情が伝わる言葉(「あの日見ていた」とか。思いつきです!)にするとオリジナリティが出るのかしら…?なんて勉強させて頂きました(^^*)

点数: 1

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

「月明り波のかがやく由比ガ浜」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ジジイさん。
拝読いたしました。
月明かりと輝くが気になります。

月明かり波の静寂の由比ガ浜

しじまって、静寂とかくんですね。自分で詠んで、おお、となりました。なんでも学びになりますね。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紫陽花や行列長き明月院

作者名 佐渡 回答数 : 5

投稿日時:

秋の雷電波時計のくるくると

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

自販機の仄かな灯り栗の花

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『月明り波のかがやく由比ガ浜』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ