俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏の果あおき柿の実一つ落つ

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お世話なります。
今朝、庭を見ると赤くなるのを待ちきれず
青い柿の実がぽつんと一つ落ちていました。
結構、立派だったのでがっかりです。
柿は秋の季語
季重になりますが
いかがでしょうか?

最新の添削

「夏の果あおき柿の実一つ落つ」の批評

回答者 なおじい

コウさん、こんにちは。
御句拝読しました。青柿で晩夏の季語であるのはイサクさんのおっしゃる通りです。
その青柿、残念でしたね。でもまだ木には実っているのでしょう?

私は小さい頃、庭にたわわに実った青柿を、友だちとぶつけ合って遊ぶために、全部もぎ取ってしまいました。その時の祖母の落胆した顔は忘れられません。

さて、最初に考えた提案句はイサクさんと同じになってしまいましたので、違うのを出してみます。

・青柿のどんと庭土たたきけり

「結構立派だった」というコメントから「どんと」としました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夏の果あおき柿の実一つ落つ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「青柿」がそもそも晩夏の季語なので、この句では上五「夏の果」の使い方がもったいないですね。
季重なりの是非は、音数を使ってまでやることかどうか、だと思います。

・青柿の庭にひとつの落ちにけり

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒風に車窓開きたり髪乱れ

作者名 イサク 回答数 : 2

投稿日時:

鬼灯のじやうずはきすも上手かな

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

閃光や初夏の川面に聖橋

作者名 根津C太 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏の果あおき柿の実一つ落つ』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ