俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

魂をぱんぱんにして桔梗咲く

作者 しお胡椒  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めて投句させて頂きます。
臼青い桔梗の蕾がぱんぱんに膨らみ今朝弾ける様に開きました。
宜しくお願い致します。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「魂をぱんぱんにして桔梗咲く」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

佐藤 胡椒さんはじめまして。
土谷海郷(つちやみさと)と申します。
よろしくお願いします。

御句ですが、発想はなかなか面白いと思います。
桔梗の膨らんだ蕾のことを、「魂をぱんぱんにして」と表現しているのがオリジナリティがあると思います。

ですが、はっきり言うとわかりづらいです。
俳句は十七音しかないので、表現の独特さより、わかりやすさを優先した方がいいです。
蕾のことでしたら「蕾」と書いた方がいいですね。
あなたの表現したいことが十七音の器からあふれているので、「魂」を使いたいならそれで一句、「ぱんぱん」を使いたいならそれで一句というように、何句かにわけたほうがいいかと思います。
この一句じゃわからないですが、プレバト俳句の東国原永世名人タイプかな。

ちなみに、花のことを詠むときは咲いてる状態を詠むので、「咲く」という言葉はいらないんですが、この句の場合は蕾のことを詠んでいるので、「咲く」はいりそうですね。

・魂のごとき桔梗の蕾かな
・ぱんぱんと蕾ふくらみ桔梗咲く

前述のとおり、発想が面白いので続けていくと化けそうですね。
次回も楽しみにしております。

点数: 0

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「魂をぱんぱんにして桔梗咲く」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

しお胡椒さん、こんにちは。茄子漬けのほうで「初めてまして」と申し上げました者です。

御句拝読しました。非常に面白い詠みをなさいますね。花の蕾が膨らんでようやく咲く様を、魂がぱんぱんになってと表現する。素晴らしいです。
私などは、花は咲くときゃ咲くのだろうとしか思っていないからいつまでも成長しないのだと反省させられます。

面白い表現と思いますが、先に土谷さんもおっしゃっているように、変わった詠みは、読み手によっては何を言っているんだかわからないと取られるリスクを含んでいます。

・ぱんぱんに蕾弾けて桔梗かな

うーむ、これもどうかなとは思いますが、原句の「魂」がちょっと重いかなと思ったものですから…。

またご投句ください!

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初投句切手貼り終え夏の空

作者名 晴峯旬草 回答数 : 2

投稿日時:

夏の雲はなしの続き貸出中

作者名 長谷機械児 回答数 : 5

投稿日時:

照り返す草木の葉にも夏景色

作者名 三男 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『魂をぱんぱんにして桔梗咲く』 作者: しお胡椒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ