俳句添削道場(投句と批評)
幸子さんのランク: 師範代3段 合計点: 66

幸子さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

古ビルの灯点滅霧の夜

回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ

幸子さんの添削

雪降れば男前なり富士の山

添削した俳句: 六の宮屋台の中を初詣

よろしくお願いいたします。

点数: 0

「右の窓見れば琵琶湖は霧の中」の批評

添削した俳句: 右の窓見れば琵琶湖は霧の中

イサク様 ご指導ありがとうございました。
この道場はときどき眺めておりました。イサク様からご指導いただけるとは大変光栄なことございます。
灯であれば夜は余分なんですね。大変勉強になりました。
まだ俳句のことはよくわかりませんので次の俳句はいつになるかわかりませんが、ご指導ほどよろしくお願い申し上げます。

点数: 1

「彼岸花キンモクセイの香りする」の批評

添削した俳句: 彼岸花キンモクセイの香りする

菅野さん!こんばんは。
季重なりは別にして金木犀をカタカナ表記は俳句で使いません。漢字かひらがなを使って下さい。

点数: 0

「名月や母居ぬ部屋にかうかうと」の批評

添削した俳句: 名月や母居ぬ部屋にかうかうと

かうかうを使った俳句
雉の眸のかうかうとして売られけり  加藤楸邨

点数: 0

「閑散の霞が関に名月や」の批評

添削した俳句: 閑散の霞が関に名月や

名月や霞が関の土曜の夜

点数: 0

幸子さんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ