俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

笹飾り吾子はサササのラーラララ

作者 はや  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

なんのこっちゃだと思うんですが、吾子(5歳)の歌っていた「たなばたさま」です。「ささのはさらさら」→「さささのらららら」…歌詞が適当すぎる!でも雰囲気はそれっぽくて(笑)
小西さんの「金銀スマホ」みたいに俳句にできたらいいなと思ったのですが。
ご意見いただけたら嬉しいです。

最新の添削

「笹飾り吾子はサササのラーラララ」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

うん、さすがにコメント読むまでわかりませんでした(笑)
企みはよくわかりますので、なんかできないかな・・・
「ササノサラーラララ」と一文字入れ替えるだけでわかる度が上がると思うのですが、リアルの面白さは失われますねえ・・・うーん。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「笹飾り吾子はサササのラーラララ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。バナナの句へ暖かいコメントありがとうございました。ご提案句もとても気に入りましたし、参考になりました。(^.^)

御句を読ませて頂きすぐに七夕の歌のことだと分りました。はやさんの句を読むといつもが心暖まります。いっしょに笹飾りをしながらお子さんの成長を見守る優しいお父さんの姿が目に見えるようです。
僕はこのままいただきたいと思います。またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「笹飾り吾子はサササのラーラララ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。あたたかい七夕のお子さまとのふれあいが伝わってくるようですね。さささのらーららら、ひらがな表記の方がやわらかくは感じましたが、でもここは意図があってあえて行ってそうですね!このままいただきます。
小西さんの名前が出てきましたが、どうしてらっしゃるのだろう。金銀スマホもしりとり俳句も心温まる句がとても勉強になりましたもんね!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕空をかくしてゐるのは電線

作者名 頭義太 回答数 : 1

投稿日時:

草むしる丸き母の背陽に温み

作者名 佐藤かや 回答数 : 1

投稿日時:

初夢の最後の風が待つ夜明け

作者名 ハオニー 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『笹飾り吾子はサササのラーラララ』 作者: はや
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ