俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

長き夜本がラジオに切り替わり

作者 森本可南  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

もう、読むのがつらくなってきた

最新の添削

「長き夜本がラジオに切り替わり」の批評

回答者 なおじい

鷹司晶さん、こんにちは。御句拝読しました。私も本を読むのに疲れて、あとはラジオを聴きながら寝るということありますよ。

ただ掲句、いるかさんのおっしゃるように、ちょっと、そのまま感が強いかと。
同じそのままでも、

・本閉じてラジオに代える夜長かな

とかのほうがなんか俳句っぽいように思いますがいかがでしょうか。

もう一つ、

・文字に飽き声に傾く夜長かな

というのも考えました。声と音と迷いました。でも本もラジオも出さないと何もわからないかも?

ご自身のコメントを拝読すると、飽きたとか眠いとかいうよりも、もはや本を読むという行為自体がお辛いということですよね。そうなると、逆にあっさりと次のようなのはいかがでしょう。

・長き夜やラジオを次の友として

自分で提案しておきながら、どれも説明感があるなぁとは思いますが、ご参考になれば幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「長き夜本がラジオに切り替わり」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

鷹司晶さん、いつもコメントありがとうございます
この頃は特に俳句の調子が良いみたいで青い蝶の句は好評価でしたね
羨ましい限りです
#比べて私はこの頃は凡ミスで指摘をいただきまくりです、、、汗

本句ですがこれは少し説明的な感じを受けます
句意からすると少し遠くなってきましたがある程度聴覚を主役としたシーン化するように詠んでみました
・ラジオの音響き渡れり長夜かな #ラジオのみバージョン
・伏せし本ラジオが響く長き夜 #本も含めたバージョン

これからもよろしくお願いします

点数: 0

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

マネキンの影は十一時炎天

作者名 ダック 回答数 : 4

投稿日時:

秋うらら浅瀬の鯉の腹を擦る

作者名 かこ 回答数 : 2

投稿日時:

春惜しむ時計曰く二十六度

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『長き夜本がラジオに切り替わり』 作者: 森本可南
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ