俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鰻屋の今は昔の写真なり

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは
七月最終の今日は鰻で練習します。
社会の変化や後継者不在などによって、次々と専門店が消えています。
店内に掲げられた写真を見ると、先代や繁盛していた頃の様子を伺い知りますが、いつの間にか暖簾が見られなくなり、お店自体が記憶の中から消えてしまうのです。
日本の未来をうらなう何かが既にこの頃から始まっていたのでしょうが、この俳句添削道場は作品と投句日が記録されていますから、私が自分史を本に残す時は貴重な記録となりそうです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

甘薯おき焚火の火口閉じにけり

作者名 素風 回答数 : 0

投稿日時:

病院の紹介状手に惑う春

作者名 森本可南 回答数 : 10

投稿日時:

いつよりか空地となるや捻り花

作者名 やす 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鰻屋の今は昔の写真なり』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ