俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨晴れやかつて春本みた川辺

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

土手の橋の下なんかによく捨てられてたなぁ(笑)

最新の添削

「梅雨晴れやかつて春本みた川辺」の批評

回答者 たーとるQ

卓鐘さんお疲れ様です!
春本ですかぁ……たーとるQの中学時代に友人が堂々と道端のを拾っていた思い出がありますねぇ。
「かつて」ということは、今はこの川辺は整備されて綺麗になっているのか、それとも今でも……

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梅雨晴れやかつて春本みた川辺」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卓鐘様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。春本とは懐かしい(笑)。
しかし私は、ご自身のコメントとはちょっと違う読みをしました。
梅雨の間はそれぞれが自分の部屋で見ていたのを、晴れたので、河原に持ち寄って仲間で見ている。それも陰鬱な感じではなく、なんだかゲラゲラ笑ったり、ひっくり返ったり、楽しそう。
そこにクラスの女子が通りかかって、「何してんの?」とか聞かれて、慌てて隠したりして。

ああ、青春の思い出!

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨晴れやかつて春本みた川辺」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます。

これは、「故郷」の句でしょうか?
ありましたねえ、びっとびとになってる、またはぱっりぱりになってるやつですよね。「かつて」でなく今落ちてるように詠みたいなと思いつつ、「故郷」のボツ句であるならまた別ですね。目の前の今の川辺はどんな感じなのだろう、今も昔とかわらない光景なのだろうか?じとっとしつつも爽快な思い出。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨晴れやかつて春本みた川辺」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
聞き流すなんてとんでもありません。
以前おっしゃっていたとうり
すぐに良い句が詠めるなんて甘いもんじゃありませんし、
まして自信もありませんから
こちらには勉強させて頂く気
満々です。
映像で見せたいのは
回っている生地でしたので
梅雨晴れや+下五で生地にもっていくのが
正解ですね。
勉強になりました

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨晴れやかつて春本みた川辺」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

ノスタルジー的にはなおじい様と同じような風景を思い描きました(自分は川原なんて場所ではそんなことやってませんがw)
「春本みた」という措辞が「開いて見た・読んだ」なのか「見つけた」なのか、受け取り方で映像が変わりますね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

あじさい祭俳句部門

作者名 腹井壮 回答数 : 0

投稿日時:

春雨やトラのエプロンたたみおり

作者名 エイジちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

立山の湧き水光る炎天下

作者名 鬼胡桃 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨晴れやかつて春本みた川辺』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ