俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初夏や超特急に手をふる子

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小さい男の子って電車が好きですよね。そして「バイバ~イ」って手を振っている光景をよく目にします。 普通電車だと春っぽいので初夏の超特急にしてみました。ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「初夏や超特急に手をふる子」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。一覧で見かけて、うわ、超特急!こりゃまた古風な呼び方を出してきたなぁ、と思っていました。
いま、皆さんのコメントを見ましたら、やはり皆さん、ここがキーになっていますね。

私は、新幹線ひかり号が「夢の超特急」というキャッチフレーズで登場したリアル世代ですから、当然馴染みがありますよ。
ただ、超特急というと存在感が大きいので、いわゆる鉄句になってしまうような気がします。
それよりも重要なのは、子供が(親も)外にいて電車の来るのを待っていて、来たら思わず手を振りたくなるような季節になったなぁ、ということではないかと。
その点、げばさんはさらっとそのことを提案していますね。さすがというか、提案句が似てしまうのですよ。

・江ノ電に手を振る吾子や夏は来ぬ

おわび:上五は「電車に」だと字足らずで苦戦しましたので、やむなく江ノ電にしてしまいました。夏に似合うから許してください。
でも、ちゃあきさんなら「ケーブルカー」なんかもいいかも。高尾山の新緑に包まれて。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初夏や超特急に手をふる子」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「普通電車」を「超特急」にしたことで、何やら意味深になりました。

いまどき鉄道を「超特急」とは言わない気がするので、この「超特急」は「急ぐ」という意味、もしくは「別の固有名詞」に感じるのですよね。
でも句の中にその答えはなし。当たり前ですけど。

ちゃあき様の中でこの「超特急」はどんな列車でしたか?

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「初夏や超特急に手をふる子」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

超特急は同じ感想ですね。夢の超特急とはいいますが、実際超特急という電車もないからかなあ。下五季語もいいなと思えたり。

特急へ手を振る子らよ夏きざす

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「初夏や超特急に手をふる子」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは。

御句について。

「超特急」は、ごく普通に新幹線(SuperExpress)のことだと思って読んでいました。初夏に合ったいい光景だと思います。
これが「新幹線に手をふる子」だったらと…と考えてみて、やはり「超特急」の方がいいかな、「新幹線」には必要なビジネス・インフラとしてのイメージが頭をよぎるので(単に電車が好き、ではなくて、働くパパを見送るみたいな感じも出て来るような)。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「初夏や超特急に手をふる子」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんにちは
拙句「箱庭」へのコメントありがとうございました。箱庭作りは楽しいですよ。

御句について
いい場面ですよね。
私は「超特急」としたことで、手を振る子供の姿が弱まってしまったように思えます。印象として「超特急」が強いです。普通に電車の方がいいと思います。もちろん字数が足りなくなるので、色だったりを加えたり?
◆初夏や赤き電車に手を振る子

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「初夏や超特急に手をふる子」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさんお疲れ様です。
初夏の雰囲気と特急の取り合わせは中々です。
しかし、鉄道に少しだけ詳しいたーとるQとしては超特急という言い方はやはり違和感があります…お茶を濁さず特急列車の名称を明確にすると映像も明確になるのではないでしょうか?(たーとるQの好きな特急で添削)
・夏近しスカイライナーへ手を振る子
・夏近しラピート号へ手を振る子

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋しぐれ道は高尾へつづきけり

作者名 竜子 回答数 : 5

投稿日時:

残菊の倒れしまゝに咲きにけり

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

こんな日はおでん熱燗夢の中

作者名 白井百合子 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初夏や超特急に手をふる子』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ