俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

糸柳風誘われて寄る蕎麦屋

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

エラーにより誤打です。
すいません。
こちらでご指導よろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「糸柳風誘われて寄る蕎麦屋」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

郁爺さん、こんにちは。

御句について。

・「糸柳風誘われて」が窮屈に感じました。
・御句に限らず、助詞「に」「へ」は省略しない方が良いと思います。
・形としては切れていると思われる「糸柳」と「風」が、意味合いとしてはとても密接な感じなのが気になります。

 糸柳風に誘われ寄る蕎麦屋  (助詞「に」を略しないだけの手直し)
 蕎麦屋へと柳の風に誘われて (「糸柳」と「風」を「柳の風」にまとめる)

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「糸柳風誘われて寄る蕎麦屋」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

郁爺さん、こんにちは。あらためて、改名認識しました!
御句拝読しました。感想も提案句も、先の長谷さんと全く同じで、「いいね」を押させていただきましたが、それでも出てきました。

なぜかと申しますと、御句は二つの意味に取れて、そのどちらも気持ちがいいので、そこで郁爺さんは詰め込んでしまったのではと思い、それを言いたかったからです。

一つは、柳を通して吹く風が気持ちいい(から蕎麦屋に寄った)、というもの、
そしてもう一つは、柳が風に揺れるように、あまり何も考えずふらっと蕎麦屋に入る、そのさまを詠んだと。

長くなって恐縮ですが、私は池波正太郎先生の大ファンで、先生のエッセイ集「散歩の途中何か食べたくなって」のように、歩いていてふらっと食べ物屋に寄りたいなといつも思っています。
しかし現実は、家で妻が食事の支度をしているので、何も食べずに帰ります。
御句はそんな私のささやかな願望を満たしてくれた(笑)句でした。有難うございました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「糸柳風誘われて寄る蕎麦屋」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句。長谷さんの指摘の中七のせわしなさが気になりましたが、柳風で蕎麦屋に入る感じは好きですねー。好きな感覚です。柳の風という季語もあります。

蕎麦屋寄る柳の風に誘われて
語順かえてみました。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「糸柳風誘われて寄る蕎麦屋」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
この句、コメントしたつもりでできてませんでした。
たぶん昨夜、最初の投句にコメントしようとして、投句し直されたのに気づいたのでこちらにコメントを書き直したつもりが、眠かったので完了せずにタブを閉じてしまったのかと。

昨夜のコメント(一部抜粋)はここから↓
---
何が何に誘われたのか軽い混乱をしました。
「糸柳」が「風」に誘われて蕎麦屋に入っているような?
例えば柳の枝が風に吹かれて蕎麦屋の入口に風でひっかかってしまったということの比喩とか?

二物で「糸柳」と「風」の間に切れがあるのは理屈ではわかるのですが、
季語「糸柳」+「風の擬人化【誘う】」+「自分?の行動【寄る】」と、構造がごちゃごちゃになっているような感じでしょうか?
自分を誘っているのは「風」?「糸柳」?
---
ここまで↑

そして長谷様、なおじい様のコメントで、なるほどとなっています。
提案句も長谷様、げばげば様以上のものは出ないので・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「糸柳風誘われて寄る蕎麦屋」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

郁お爺様、こんばんは。
御句は鯔背な植物と食べ物の取り合わせが良いですね!
糸柳風って季語があるのか…?と調べましたら、糸柳と風だったんですね。ちょっと詰め込まれてますでしょうか。
折角なので、「柳の風」をいかして添削してみます!
・柳の風や蕎麦屋の暖簾くぐる

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

焼き終わるまでの清酒の一二杯

作者名 負乗 回答数 : 5

投稿日時:

母の日や労う娘も母であり

作者名 ささゆみ 回答数 : 5

投稿日時:

衣更へ痩せてまた着る古き服

作者名 喜子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『糸柳風誘われて寄る蕎麦屋』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ