俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

石段の端に降りたる初の蝶

作者 ささゆみ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今年はじめての蝶が石段で日向ぼっこしてました。

最新の添削

「石段の端に降りたる初の蝶」の批評

回答者 さび

こんばんは。初めまして。

初蝶は四音。来、を添えると五音になります。
更に、石段は磴(とう)と言えます。二音節約出来ます。
欠点は俳句をしていない人からは理解されにくい事です。まあ、それは脇に置いて。

磴の端に初蝶降りてをりにけり
石段に降り来る影や初蝶来

今年の春は、梅と桜とショウジョウバカマが同時に咲きましたね…。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、さびさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

石段の端に初蝶の降り立ちぬ

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

ささゆみさん、こんにちは。

御句について、景はすっきりとしていいと思うのですが、
「初の蝶」という言い方が気になりました(私は初めて見る使い方です)。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「石段の端に降りたる初の蝶」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

プレバトでも御大が修正されておりましたが、季語を分けるのは避けたほうがよいようです。
「初蝶」なら「初蝶」、あるいは「今年最初の」の意味をつけずに「蝶」を読むか、というところでしょうか。
コメント的には「降りたる」は別の言葉にできそうですね。

・石段の隅に初蝶をりにけり

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「石段の端に降りたる初の蝶」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ささゆみ様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。静かな石段と軽やかな動きの蝶を合わせたいい光景の句ですが、何点か「?」と思うところがありました。

まず、初蝶を初の蝶と言えるんだ!?と思いました。ただ、これは皆さんのコメントを拝読しますと、あまり普通ではないみたいですね。

あと、「石段の端」というのがどのようなところかなと思いましたのと、蝶が「降りる」という言い方はあるのか?「とまる」と言わないだろうか?ということでした。

・石段の脇に初蝶休みをり

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

のんびりと生きてみようや冬の雲

作者名 友也 回答数 : 2

投稿日時:

とんぼうの羽光らせて竿の先

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

東西北は古都にも冬の山

作者名 なおじい 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『石段の端に降りたる初の蝶』 作者: ささゆみ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ