俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

うーん、やや苦しいかな?

最新の添削

「蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな」の批評

回答者 ふり

いつも添削ありがとうございます。
再々訪です。
拙句、確かに絵の中のは本物にはかなわない。
でも絵の中の蝶を見た時に本物の様で、お題を思い出し「そうだ蝶はこの透きとおる様な様々な色や模様の羽が美しいのだ」と思い詠みました。
しかし、ちぎり絵の蝶を詠んだのは事実です^^;、
良い方にとって頂いてありがとうございます^^;
これからも宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ふりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

イサク様 おはようございます。いつもご指導ありがとうございます。
ひとときの春というのも考えていました。大あくびは思いつかなかった。
語順は悩みます。

御句はこんな蝶々いそうですね。
「酔うたか」これはなかなか面白い表現思いつきません。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・二物でしたが、類似性が強く比喩に取られたのですね。私の頭にはむしろ対比がポイントの一つだったのですが。失敗です。措辞の安直さ。確かに。認めざるを得ません。
御句・・酔っているのは、蝶とも、作者とも取れますが、私は後者に取り、面白いと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな」の批評

回答者 ふり

句の評価:
★★★★★

いつも添削ありがとうございます。

御句、蝶や蝶〜もしくは蝶々や〜でも良さそうなのに、字余りで切れ字を入れてくるというのは自分には思いつきません。
酔っている様にみえる蝶の飛び方なのか?蝶を見て少し酔っているのか?
ふんわりと緩い感じが伝わってきます。

一方拙句は、考えすぎなのか?どうしても回りくどい理屈ぽい句になってしまいます。
毎回ご指導頂いているのに、何が良くて何が駄目なのか、まだ迷走中です。
なかなか進歩出来ずにいますが、これからも宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ふりさんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも的確なコメントありがとうございます。

前株の句コメントありがとうございます。おっしゃるとおりで、領収証がないとわからないのでは、と説明おきにいきましたが、むしろ省いてセリフにした方が想像できましたね(^^♪ありがとうございます。

御句。蝶や蝶や、切れ字というより呼びかけのリフレインでしょうか。
初読は蝶の飛び方の比喩のように思え、何度か読んでると酔ってるのは詠み手の方かーとも思え。なかなか面白い句ですねー。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつも添削ありがとうございます
蝶や蝶やが素晴らしいと思います。
凡人なら蝶々やとしますかね
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。初蝶の句へ御意見ありがとうございました。具体性がお留守になってしまい、昨夜は自分一人で酔っていたと反省してます。イサクさんの「遠回しに言うだけが俳句ではない」を胸に刻みました。これからもよろしくお願いします。
 さて御句。僕は酔っているのは人間の方だと思って読みましたが、他の方の意見を見て蝶々が酔ってる様にもとれるんだなと思いました。「やうな」が二通りの解釈を生んでいるのかなあ。或いは蝶々も人間も両方とも酔っている?いずれにしても印象的な楽しい句ですね。このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
再訪です!

そうですねー、春昼と長いを捨てると類想から脱け出せそうな句材でした。もう少し粘れば何かできるかも。駱駝の睫毛ってなんか気になるんですよねー。でも、駱駝に乗せてるのかなあ、睫毛に乗せてるのかなあ、春の失意。すげえなあ。

御句。確かに、枯葉枯葉からのやうなの着地、同じ型ですね。でも、同じ型でいろいろな句を作ってみるのもありだと思いますし、同じやんかー!とだれもあかんでーとはならないと思ったりしますけど、私も気づいたらおんなじ型になってるときはあります( ´∀` ) いつもありがとうございます!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな」の批評

回答者 北家

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございます。わかりやすくまとめるのには精進を要しそうです。

投句を読ませていただきました。読み手の心を類推して楽しい句ですね。音も肩にはまっていない感じが心地よくて素敵です。

点数: 1

添削のお礼として、北家さんの俳句の感想を書いてください >>

「蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

いつもコメントありがとうございます。

PCの起動音に何かしら思い入れがあるのだろうと実感しましたw
秋:Windowsの起動音 春:Macの起動音という自分の中のイメージがある。
(秋めくやの句は、Windowsでした)

それ以外にこだわりはなく、うまく春とMacを合わせられたらなぁと思ったんですが、なかなか。

御句、僕も よし造さん同様、作者が酔っている解釈の方がおかしみがあって好きです。

蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうだ
とすると後ろに、蝶の描写が入るかもしれない余韻がない分、作者が酔っている解釈がより妥当となりますかね。蝶を見て少し我に返った感。ただの好みの話でした。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ここに居ぬ担任にも子入学式

作者名 ふり 回答数 : 2

投稿日時:

冬紅葉散りゆく先に能舞台

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

余生とは言へぬ仕事や鳳仙花

作者名 金太郎 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蝶や蝶やすこうし酔うたかのやうな』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ